Posts Tagged ‘鈴木照雄’

鈴木照雄さんの作品から、その他

金曜日, 2月 2nd, 2018

照雄さんの作品にはやはりうつわが多いのですが、
今の暮らしでは見かけなくなったようなもの、使われなくなったようなもたくさんあります。

案の定、店頭に並べていてもこういうものはなかなか売れません。
でも照雄さんの作品を紹介するのにこの手のものがないなんてありえない、と思わされます。
それに単純にこの手のものが大好きですから喜んで揃えました。

お好きな方の目に留まりましたら幸いです。


筒 その1 ※2点ともご売約


筒 その2 (左:径8cm高11cm) ※右、ご売約


筒 その3 (左:径8cm高11.5cm、右:径9cm高13cm)


花器 (左:径6cm高13.5cm) ※中・右、ご売約


硯 ※3点ともご売約


水滴 ※ご売約御礼


茶碗 ※ご売約御礼


茶碗にズーム

昨日より通販をご希望くださったお客様への案内を始めましたのでだいぶ品薄となりました。
ご来店のお客様からも通販のお客様からもリアクションに熱量が感じられ、嬉しく思いました。
ありがとう御座いました。

私自身もこうして並べてみて、あらためて照雄さんの作品に強く打たれました。
また店頭でまとめてご紹介できる機会が設けられるよう努めます。

鈴木照雄さんの作品から、カップ・土瓶など

日曜日, 1月 14th, 2018


土瓶 ※ご売約御礼

鈴木照雄さんの作品ってなんだかすごいなぁ、照雄さんってなんだかすごい人だなぁ、
と思われた方には何か一つでも手元に置いて、その魅力を実感して頂きたいものです。

最初の一つとしては前回ご紹介したお皿や鉢類と同じように日々手に触れる、
用いることができるという意味で今回ご紹介するものも適しているかと思います。

HPEの谷さんがかつて備後屋さんで買い求めた照雄さん作の湯呑を使い続けていて、
ある時その湯呑みがものすごく味わい深い表情になっていることに気付いて驚いた、
という文章を寄せられています。

鈴木照雄さんのサイト内、「随筆集」 にて公開されているその文章には、
僭越ながら照雄さんの作品の特徴・特性が表れていると感じました。


湯呑 その1 ※3点ともご売約


湯呑 その2 ※3点ともご売約


土瓶 ※ご売約御礼


マグカップ その1 ※2点ともご売約


マグカップ その2 ※2点ともご売約


マグカップ その3 ※2点ともご売約


お猪口いろいろ ※7点ともご売約


按瓶 ※ご売約御礼


徳利(径8cm高12.2cm) ※ご売約御礼

拙宅では気に入って使っている照雄さんのマグカップが3点あります。
3点とも展示会でたくさんのお客様が選び抜いた後に残っていたものでした。

あれもあれもあれも、もう売れてしまったのか…くそぅ…
でも残っているものも全然いいじゃん…なんでさっき気付かなかったのだろう…
こんなことをそのとき会場に居合わせたお客様も皆さんお感じになられていたようで、
選んでいる意味ってあったのだろうかと笑いながら話しました。

使い始めてみたらこの手のものは谷さんが感じた「趣の変化」を感じやすくて、
それもまたいいなと思っています。
地味なものにも十分に魅力があることを認識させられた次第です。

そんな実体験があるせいか、湯呑やカップ類は地味なものを多く揃えていました。
はじめはピンと来なくても何度も手に取って、ゆっくり眺めてください。
じわじわ来ますよ。

酒器もすこしですが並べました。
あまり数が揃えられず早々に品薄になりました。
恐れ入ります。


照雄さんの作品は入って右のテーブルに並んでいます。

ご好評いただいており、鈴木照雄さんの作品は半分ほどになりました。
こうしてご覧頂ける機会もなかなかありませんので、この機会に是非お確かめください。

よろしくお願いいたします。

鈴木照雄さんの作品から、皿・鉢・ご飯茶碗

金曜日, 1月 12th, 2018

宮城県の栗駒で作陶されている鈴木照雄さんの作品を年始から店頭に並べました。
去年と一昨年に照雄さんのご自宅で開催された作陶展で求めたものを中心に、
それよりも前の作品展や工芸店で買い求めたものもあわせ、合計82点になりました。

2014年の秋にもまとまった数の入荷がありましたがその時よりも点数が多いですし、
一昨年は花器や筒、硯といったものを多めに買い、昨年はうつわを意識的に買ったため、
今回の売り場にはいろいろなものが並んでいて我ながら楽しいです。

売約済みのものが多くなりましたが、なかなか得難い機会ですのでご紹介させて頂きます。
今回は皿・鉢・ご飯茶碗です。

・皿


ともに径15cmほど。 ※2点ともご売約。


ともに径15cmほど。 ※2点ともご売約。


ともに径17.5cm高4.5cmほど。 ※2点ともご売約。


ともに径20cmほど。 ※2点ともご売約。


右:径22.5cm高4cm。 ※左、ご売約。


ともに径24cmほど。 ※2点ともご売約。


径30.5cm高6.5cm。 ※ご売約。


径28.5cm高5.5cm。

あまり表に出るタイプではない照雄さんですが、
日本民藝館展賞を2年連続(1989年、1990年)で受賞されたという経歴の持ち主です。

お話を伺うととにかく古いものがお好きです。
古陶を中心とした美しいと思うものを追いかけ、それらから受けた栄養を自身の作陶に注ぎ込む、
という作業をずっと繰り返してこられているように感じます。
それは作陶を始められた頃からのことで、今も大きくは変わっていないのだろうと思います。

暮らしぶりも作陶に大きく関係していることと思います。
後日ご紹介いたしますが照雄さんは硯も陶器で作られているのですが、
ご自身が生活の中で使っている、必要としていることが大きく作用しているのか、
それは美しいものであると同時に、道具としての説得力を帯びているように感じます。
何となく作ってみたという思い付きとも、ただのパフォーマンスとも違います。

・角皿


2点ともご売約。


19cm×14.5cm高4.3cm。

・鉢


左、ご売約 右:14.5cm×13.5cm高5cm

・ご飯茶碗


2点ともご売約。


2点ともご売約。


2点ともご売約。

照雄さんの作品につきまして、通販のお問い合わせを数件頂戴いたしております。
誠にありがとう御座います。

先日のブログやインスタグラムで度々ご案内しているとおり今月いっぱいは店頭販売のみ、
通販でご購入頂けるのは2月に入ってからとなりますが、ご希望はお聞きしております。
サイズ表記があるものはまだ在庫がございます。
気になるものが御座いましたらどうぞご連絡ください。

近日中に他の作品もご紹介いたします。
ご覧頂けますと幸いです。

よろしくお願いいたします。

年末年始の営業

水曜日, 12月 27th, 2017


お正月飾りの注連縄はだいぶ少なくなりました。どうかお忘れなく。

2017年もあと僅かとなりました。
無事に新年が迎えられるよう、最後まで気を抜かずに走り切りたいと思います。

年末年始の営業につきましてお問い合わせを数件頂戴いたしました。
誠にありがとう御座います。

28日 11時~18時
29日 11時~18時
30日 11時~18時
31日 休

1日 休
2日 11時~17時
3日 11時~17時
4日 休 
5日 休
6日 11時~19時
7日 11時~19時

上記のとおりご案内申し上げます。
ご来店をご検討くださっているお客様におかれましてはお間違えのないよう、
特に営業時間にはお気を付けくださいませ。


手前の棚は佃眞吾さんと松崎修さん、その次は仁城逸景さん、奥は森山窯。


手前のテーブルは瀬戸本業窯、奥の三角の棚は牛ノ戸焼、壁際の棚には出西窯の古い土瓶。


石川昌浩さんの硝子と齋藤十郎さんのスリップウェア。この上には硝子のコップが並んでいます。


左半分は掛谷康樹さん、右は平山元康さん。

11月、12月は出かけることが多く、仕入れの機会にも恵まれました。
それにどういうわけかここ1か月は続々と新着が届き、品揃えがとても充実しています。

1月下旬に長いお休みを頂くこともあり年末年始はお休みを減らしましたので、
この時期にしてはまあまあ営業しているほうだと思います。
買い納め、お買い初めにご活用いただけますと幸いです。

2018年最初の営業日となる1月2日からは、鈴木照雄さんの作品を販売いたします。
作品展ほどではありませんが、通常はなかなか見れない物量になるかと思います。


皿6.5寸(径19.6cm高5cm)、皿7.5寸(径22.7cm高4cm)


どら鉢(径16.3cm高4.5cm)、角皿(18.5cm×17.5cm高3.5cm)


マグカップ(左:11.3cm×8cm高8cm)


湯呑(左:径8cm高8cm)

鈴木さんの作品は2014年の冬に初めて扱わせて頂きました。
その時はあまり告知できなかったのですが遠方から熱心なお客様がお見えになられたり、
鈴木さんのことを知らずにたまたま見かけたお客様が衝動的に複数お求めくださったり、
どんどん在庫がなくなってブログではほんの数点しかご紹介できませんでした。

今回は同じようなことにならないようにブログやSNSに記録を残したいと思っています。
ご覧頂けますと幸いです。

尚、鈴木照雄さんの作品につきましては1月中は店頭での販売のみとさせて頂きます。
通販をご希望のお客様への対応は2月に入ってからとさせて頂きます。
ご了承くださいませ。

以前から扱っている作品集もHPEの布で装丁した特装版と通常版、ご用意しております。
(※参考ブログ記事 2016年2月6日 「鈴木照雄 作陶集、販売しています」
こちらは今すぐ通販できます。
ご希望でしたらお気軽にご連絡ください。


大皿(径30.5cm高6.5cm)

お店は30日まで営業しますが、今回を持ちまして2017年のブログ更新は最終とさせて頂きます。
今年も店舗、出店先、通販も含めたくさんのお客様にお品物をお渡しすることができましたこと、
心から感謝申し上げます。
ご利用誠にありがとう御座いました!

2018年も皆さまの物欲や好奇心を刺激できるよう、精進して参ります。
よろしくお願いいたします。

よいお年をお迎えくださいませ。

鈴木照雄 作陶集、販売しています

土曜日, 2月 6th, 2016

鈴木照雄さんの陶業40年を記念した作陶集を、縁あって当店でも扱わせて頂くことになりました。

この書籍は昨年11月、東京・青山の蔦サロンで開催された鈴木さんの作品展にあわせて出版されており、
私はその会場で特装版を一部求めました。

掲載作品が刊行委員会の方々の所有物だったり、寄稿が刊行委員会の方によるものだったり、
特装版にはHPEの布が使ってあったり、、、触って、見て、読んで、心打たれました。
鈴木さんとその作品を敬愛する方々によって作られた本だということがじんわり伝わってきますし、
この本も一つの作品のように感じられました。

当店からお客様にお渡しする機会を得られ、心から嬉しく思います。

20160206_1
特装版、茶格子

20160206_3
特装版、青格子

20160206_5
普及版

20160206_2
茶格子にズーム

20160206_4
青格子にズーム

20160206_6
サイン

特装版も普及版もすべて鈴木さんに署名を入れて頂きました。

価格は下記のとおりです。

特装版 税込15,000円(青格子、茶格子ともに)
普及版 税込3,800円

特装版は数に限りがありますのでご希望でしたらどうぞお早めに。
ちなみに茶格子のほうは残り少なくなっているそうです。

通販でもお求めいただけます。
送料はレターパックライトでしたら全国一律360円でお送りできます。
ゆうパックでしたら配送先によって送料が変わります。
ご利用案内にあります送料の表記をご確認くださいませ。

ご購入のご希望やお問い合わせはcontactページ からお寄せください。
どうぞよろしくお願いいたします。