Posts Tagged ‘菊地流架’

「盛永省治・菊地流架 展」、明日からです。

木曜日, 10月 16th, 2014

20141016_1
店内 その1

いよいよ明日から「盛永省治・菊地流架 展」です。

盛永さんの作品が壁一面に並んだ店内、いつもと違った雰囲気になりました。
満足のいくラインナップだと盛永さんが話してくださったので何よりです。

尚、在店を最後まで調整してくださいましたが、残念ながら見送りとなりました。
ご期待頂いたお客様にはお詫び申し上げます。

作品に関するご質問は返答にお時間頂戴いたしますが、責任を持ってお取次ぎいたします。
どうぞお聞かせください。

20141016_2
店内 その2

菊地さんの作品も、常設ではご紹介できていなかったものがたくさん並んでいます。
定番の仕事はフルラインナップ、数も多めにご用意してくださいました。
展示会ならではの作品もしっかり届いています。手に取ってご確認頂ければ幸いです。

菊地さんの在店は明日17日のお昼過ぎから明後日の夕方になります。
せっかくの機会です。疑問に思うことなど遠慮なくお訊ねください。

20141016_3
お盆型プレート ナラ(径19.5cm高4cm)、栗型スプーン 大(19cm)

いつもどおりブログとインスタグラムでもできるだけご紹介いたします。
お付き合い頂けますと幸いです。

1点モノが多く、目に留めて頂いた作品が売約済みとなっていることもあるかと思います。
ただし注文が可能な場合もありますので、ご興味続きましたらお気軽にご連絡ください。

皆さまのご来店を心からお待ちしております。
どうぞよろしくお願いいたします。

17日から「盛永省治・菊地流架 展」

金曜日, 10月 10th, 2014

20141010_1
盛永さんの作品いろいろ

上の画像は今日の盛永さんのインスタグラムにアップされた画像です。
「とりあえず制作ひと一段落」というコメントとともに投稿されていました。

また「今回は久しぶりにプレート類もあります」とのコメントもあるとおり、
普段使いの器から大きなボウルや花器まで、さまざまご用意して頂きました。

菊地さんからは早くも第一弾が届きました。
いつもは小さな箱で届く菊地さんの作品が、今回はけっこう大きな段ボールで2つ。
ワクワクします。

お二人の作品は今までに当店で扱った数・種類が少なかったので、
イメージ通りのものだけでなく、思いがけない作品との出会いも楽しんで頂けると思います。

心待ちにしていた、まとめてご覧頂けるこの機会。
どちらの作品もどうか積極的に手に取って、お確かめくださいませ。

尚、盛永さんの在店がまだ未定ですが、もし叶えば菊地さんの在店と同じ日になります。
決まり次第、SCHEDULEページに追記いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

20141010_2

盛永さんと菊地さんの作品は相性が良いなぁと、日々使っていて思います。
木と真鍮、素材の組み合わせが良いうえに、言葉にするのはむずかしいですが、
それぞれの作品の雰囲気・空気感、そういう相性の良さも感じてきました。

そんなお二人の作品展、前もって歩調を合わせたり共同作品を企画したりせず、
お二人から出てくる作品を自然に並べたいと思いました。なのでこちらからは、
お互いのことを意識しないで、個展に臨むような気持ちで制作して頂きたい、
というお願いだけ伝えました。

木と真鍮の作り手の二人展というよりも、個展同時開催といったところです。
どちらも作品展ならではの品揃えで、皆さまをお迎えいたします。

店から眺める夕陽も格別にきれいな時季になりました。
ぜひ出かけください。

会期 2014年 10月17日(金) ~ 10月27日(月) ※22日(水)はお休みします。
    営業時間 11:00~19:00 (最終日は17:00閉店)

菊地さん在店日 17日、18日

菊地さんの真鍮、新たに4種届きました

金曜日, 3月 8th, 2013

菊地流架さんから追加でお願いしていた品々が届きました。

20130308_1
左:よつばフォーク(20cm)¥3,150 、右:ふたつばフォーク(13.5cm)¥2,520

20130308_2
コーヒーサーバー(14cm)¥4,200

20130308_6
コーヒーサーバーは裏が一部平らになっているので、こんな感じに安定します。

20130308_3
一枚板サーバー(21.5cm)¥4,410

一枚板サーバーは再入荷につき、オンラインショップに反映させました。
ご興味ございましたらコチラをどうぞご覧ください。

ところで菊地さんの真鍮は自分でもいくつか使っているのですが、

20130308_4
左は私物、右は新品。

スッカラは使い始めて半年ほどでこんな感じになりました。

自分は使い込んで変化した、くすんだ色が好みなので特に手入れはしていませんが、
できるだけ新品に近い状態がお好みでしたら、酢を薄めた水につけてからタワシや
最近見かける汚れを落とすスポンジ(「激落ちくん」みたいな名前だったと思います)
で擦ったり、クレンザーを使って磨くと良いそうです。

20130308_5
私物のスッカラの裏側

今後の変化も楽しみです。また機会があれば質感の変化をご報告しようと思います。

尚、今日ご紹介した品はすべて店頭に並んでいます。オンラインショップへの掲載は
少しお時間がかかりそうです。すぐに欲しい、という方はお気軽にご連絡ください。

「小鹿田焼 展」始まりました

金曜日, 2月 8th, 2013

20130208_1

会期前からお客様の期待をビシビシ感じていた「小鹿田焼 展」、本日始まりました。

今日は基本雪、時々晴れ、時々陽が挿しながらの雪、という山陰独特の訳の分からない
空模様でした。そんな足もとの悪い中でしたが、たくさんのお運びを頂き、嬉しく思います。
ありがとう御座います。

sonomonoさんがたくさん送ってくださったので、店内はほぼすべて小鹿田焼です。

20130208_2店内その1

20130208_3店内その2

20130208_4
小鹿田焼と菊地さんの真鍮いろいろ

20130208_5
HPEの豆敷はカップの下や、裏返して花瓶の下など、あちこちに置いてあります。

常設の品は菊地流架さんの真鍮とHPEの豆敷以外は店頭にありません。
どちらも小鹿田焼との相性、良いのではないでしょうか。
取り合わせてご覧頂ければと思います。

それから書籍が一つあります。

20130208_6こちらは私の私物です。カウンターにありますのでどうぞご自由にご覧ください。

写真がきれいだし、何より小鹿田焼のことが丁寧に取材されています。在庫は3冊。
ご興味ある方はお早めにお求めください。

20130208_7坂本浩二さん作、飴釉刷毛目尺3寸皿

さっき天気予報を見たら明日以降も相変わらず寒い日が続くようですが、
雨・雪マークが曇りに変わっていました。

600点を超える小鹿田焼が、皆さまのご来店をお待ちしております。
どうぞ暖かくしてお出かけください。

今月のオンラインショップ更新について

月曜日, 1月 28th, 2013

今月は以下の作り手のページに新入荷・再入荷を反映しました。作り手によっては
オンラインショップに載せられていないモノもあるので、それらもご覧頂きながら
ご案内させて頂きます。

20130128_1
泡が多めのペンダントライト。オンライン未掲載です。

安土草多さんはペンダントライトを4種類あらたに掲載しました。
画像は気泡が多めの「ペンダントライト 球」。ご覧のように通常の品とは
表情が違うため、オンラインショップに掲載のものとは別物扱いしています。

ご希望でしたらどうぞお気軽にお問い合わせください。

<<<安土草多さんのページは コチラ>>>

20130128_2
オンライン未掲載の「蓋付瓶」(径9.5cm、高22.5cm 12,600円)

20130128_3
蓋を取るとこうなります。(蓋のみ 径7cm、高5.5cm)

石川昌浩さんからは定番の品がたくさん入荷しました。今年に入ってから一部の
品物に価格改定がありましたが、定番外の品はすべて昨年の仕入れでしたので、
引き続き昨年と同じ価格で販売いたします。

今後はこういった定番外の品も価格に変更があるのかもしれません。
気に入って頂けた方には早めのご購入をお薦めします。

<<<石川昌浩さんのページは コチラ>>>

20130128_4
新入荷の徳利2種。

石飛勝久さんはお馴染みの白磁を中心に初めて掲載する品が6点ありました。
どれもいつもどおり、どれも美しい形です。

<<<石飛勝久さんのページは コチラ>>>

20130128_5
菊地流架さんの真鍮いろいろ

菊地さんはオンラインショップで初めてのご紹介となりました。

ピカピカの状態を保つも良し、特別な手入れをせず黒ずんだ質感にするも良し。
どちらにしても真鍮の素材感を楽しんでお使い頂ければと思います。

右から3番目のコーヒーサーバーのみ品切れしていますが、近く再入荷します。
その他はすべてご紹介しています。

<<<菊地流架さんのページは コチラ>>>

20130128_6
「6寸皿 上」2種(ともに径18cm、高4cm、2,310円)。オンライン未掲載で現品のみです。

照屋佳信さんは普段使いの器や花器などいろいろ、照屋さんらしさ満載の品々が
掲載できました。来月、ひさしぶりに厨子甕をご紹介したいと思っています。

<<<照屋佳信さんのページは コチラ>>>

20130128_7
スリップウェア角鉢 小

前野直史さんは5品のみになりましたが、新たに掲載しました。
尚、画像の「スリップウェア角鉢 小」の商品ページに誤表記がありましたが、
先程修正しました。大変失礼しました。

いつもより茶色く焼き上がっています。お好きな方ぜひ!
他にもコクのあるスリップウェアをたくさん揃えてお待ちしております。

<<<前野直史さんのページは コチラ>>>

20130128_8
二重織布巾

HPEもご覧の3種のみですが更新がありました。
二重織布巾はオンラインショップで初めてのご紹介になります。

<<<HPEのページは コチラ>>>

以上7組の作り手に更新がありました。
掲載後すぐにご購入頂けた品もあり、嬉しい限りです。心より御礼申し上げます。

今月の更新は以上で終わりです。掲載が叶わなかった森山窯、湯町窯は準備中、
来月必ず更新します。ご期待頂ければ幸いです。