Posts Tagged ‘石飛勝久’

涼しさを少々

金曜日, 7月 29th, 2011

安土忠久さんの硝子

安土忠久さんの硝子、その2


石川昌浩さんの硝子

安土草多さんの硝子

お客様の手があからさまに硝子に向っていく今日この頃です。目に涼しいし
冷たい飲み物をガブガブいきたいこの季節、そりゃあそうです。

冷茶グラス:安土草多、八角グラス:石川昌浩

お客様には冷たいお茶をお出ししております。中身があると一層涼しげです。

そんなこともしているのでお客様はますます硝子の輝きに目を奪われがちに
なりますが、陶磁器だって涼しげなのが結構あります。お見逃しなく。

出西窯

手前:森山窯、奥:中井窯

白磁工房(石飛勝久、石飛勲)

俊彦窯

湯町窯

というわけで涼しげに感じた器たちをダーっと紹介しました。見るだけでも
少しは涼んで頂けましたでしょうか。手元にあるともっと涼しいはずです。

涼しげではないかもしれませんが、沖縄の陶器はいつもに増して元気よく
鮮やかに感じます。

白磁工房(石飛勝久さん、石飛勲さん)

月曜日, 5月 23rd, 2011

少し前になりますが、GW中に里帰りで松江に来ていたお客様が勲さんの品を
たくさん購入してお帰りになられました。大変気に入られたようで、帰郷の時には
また顔出しますねと嬉しいお言葉を。直後にまたも里帰り中のお客様がご来店。
勝久さんのティーポットをご購入頂きました。お二方とも地元島根の石飛親子の
品を買われたのがなんだか愉快でした。誠に有り難う御座いました。

切立鉢5寸8分(径17.5cm高6cm)、切立鉢3寸8分(径11.5cm高4.5cm):石飛勲

そば猪口(径8cm高6.5cm):石飛勝久

当店では父上の勝久さん、息子の勲さんお二人の品を扱っています。エッジの
効いたシャープな形から丸みのあるおおらかな形までお二人とも様々やられます。

白磁といってもざらざらしたツヤ消しのような質感のものと、ツヤがあって光を
反射するような質感のものがあり、お二人の白磁は後者になります。実は自分は
この手の白磁を好んでいませんでした。というか今も好みではないのです。でも
お二人の白磁にはしっかり心を掴まれています。

花型皿(径15.5cm高3.5cm):石飛勝久

ティーポット(11.5cm×19cm高13.5cm):石飛勲

初めて見たときは少し離れた所から見ていて形がカッコ良くて気になる、けれど
どこか冷たい感じがするなぁと思っていました。次に見た時もやっぱり形がイイ。
気になる。たまらず持ってみると以前感じたどこか冷たい印象ではなく、手に残る
心地良さと収まりの良さが印象に残りました。

ツヤのないマットな質感の白磁を好んでいたのでその手の白磁だけを追うように
なり、それこそが良いという先入観ができ、ツヤのある白磁を避けるようになって
いたようです。石飛さんの白磁は「直下に見る」を再認識させてくれました。

箸置き(左、7cm×3.5cm高2cm 右、7m×3cm高1.5cm):石飛勲

とっくに石飛白磁の魅力を知ってるぞ!何を今さらという方は、どうか聞き流して
やってください。石飛白磁との出会いを思い返したら自戒の念が強くなり、こんな
文章になっている次第です。

面取壷(径18cm高18cm):石飛勲

ご来店の際は是非じっくりとご覧に、そして触ってみて下さい。見れば見るほど、
触ればなお石飛白磁の持つ魅力は感じて頂けると確信しています。余計なお世話を
続けますが、特に先入観で避けている方は是非に!