Posts Tagged ‘掛谷康樹’

「掛谷康樹 展」より、丸い皿・鉢

日曜日, 9月 1st, 2019

「掛谷康樹 展」、いよいよ始まりました。
掛谷さんが在店してくださった初日はとても賑やかでした。
ありがとう御座いました。

掛谷さんはSNSはやらないし、ホームページもお持ちではありません。
練上げの作家であるということ以外、謎めいているかもしれません。
たくさんのお客様にそんな掛谷さんとの時間を過ごして頂けて嬉しかったです。

今回の掛谷さんの作品展、率直に言って楽しいです。
模様はいつもと変わらず目をしっかり楽しませてくれるのですが、
初めて並んだ肉厚なお皿や鉢などが売り場にこれまでにないリズムを作ってくれて、
私たちもとても新鮮な気持ちで臨んでいます。
お客様にも楽しんでいただけていることと思います。

今日はタイトルのとおり、丸いお皿と鉢をご紹介します。

◆練上手8寸盛皿(径25cm~26cm、高4.2cm~5cm)

その1 ※完売御礼
その2
その3
その4
その5 ※完売御礼
その6 ※完売御礼
その7 ※完売御礼

8寸サイズはお一人分のカレーやパスタ、2・3人の炒め物など用途が広くて出番も多いです。
練上げの模様もしっかり楽しめますので、入荷の度に好評です。
今回届いた丸の8寸は7種類、 釉薬を薄めにかけた渋めの焼き上がりが多くなっています。

掛谷さんの作品として長く作り続けられていて、定番と言えるでしょう。
初めて買われる方も買い足しをされるお客様も楽しそうに選んでくださり嬉しい限りです。
入ってすぐのテーブルに並べております。

練上手皿4寸(径12.3cm、高2.5cm)
練上手小鉢(径11.5cm、高3.7cm) ※下、完売御礼
練上手鉢5寸(径15cm、高4cm) ※中、完売御礼

小皿や小鉢はいつだって、かわいい!と好評です。
今回は渋めの模様が多いので売り場の雰囲気もやはり渋めなのですが、
このサイズ感の棚だけはなんだか様子が違います。お客様の反応も然り。
特に4寸鉢のコロンとした形と縁の押紋には愛嬌を感じる方が多いようです。

食卓での健気な仕事ぶりもSNSなどでよく拝見します。
可愛さだけじゃないことをお伝えしておきます。

下の7寸皿は3種とも同じ模様の6寸もあります。
(※その2の6寸は完売いたしました。)

◆練上手皿7寸(径21.5cm、高4cm)

その1
その2 ※完売御礼
その3

◆練上手碗5寸(径16cm、高7.2cmほど)

その1
その2

今回は早くから通販についてのお問い合わせを頂戴しました。
誠にありがとう御座います。

通販は昨日から受付を始めました。
ただし会期中は店頭での販売のみとさせていただきますので、
お求めが可能になるのは会期終了後となります。

11日以降、お問い合わせの早かった方から順にご案内いたします。
気になるものがございましたら contactページ よりお問い合わせくださいませ。

明日もブログ、SNSともに更新します。
どうぞご覧ください。
よろしくお願いいたします。

明日から「掛谷康樹 展」です。

金曜日, 8月 30th, 2019
練上手楕円鉢 大

掛谷さんに注文してもなかなか入荷がないのでほぼ諦めています。
でも作品展は必ずやってきます。心待ちにしていました。
同じ気持ちのお客様もたくさんいらっしゃることと存じます。
当店での個展は3年ぶり、たいへんお待たせいたしました。

今回はDMの文章にも綴ったとおり、厚みのある作品をお願いしました。
ボリューム感のある掛谷さんの練上げはやはり好みのものが多くて喜んでいます。

全体的に焼き上がりが強め、模様も色味も比較的落ち着いたものが多く、渋めの雰囲気です。
かわいい、を求めているお客様にはちょっと物足りなく感じられてしまうかもしれません。
強め、渋め、良さそう。と思ってくださった方にはぜひ見て頂きたいです。

今までと同じ厚み、スケール感の作品ももちろんご用意くださっています。
数もある程度まとまってご用意できています。
買い足しをお考えのお客様も期待してお出かけください。

尚、掛谷さんの在店日は明日、31日のみです。
オープンからクローズまでいらっしゃいますのでお会いしたい方、
聞きたいことがある方はぜひ明日ご来店くださいませ。

よろしくお願いいたします。

DM

いつも様々な模様で楽しませてくれる掛谷さんの練上げですが、形に厚みがあったら
もっとカッコイイんだろうな、見てみたいな、とずっと思っていました。
思い続けるうちに、これをいつか作品展のテーマにしたいと考えるようになりました。

嫌がられたらどうしようとビクビクしつつ、打合せの際に思い切って相談したところ、
「遅かれ早かれ、造形を意識した作品には真剣に取り組まないといけないと思っていた。」
という答えが返ってきました。さらには「今回いいきっかけをもらえた気がする。」
とも話してくださいました。思いがけずに同じ方向を向いていることが分かり、
本展はそこに向かうことになりました。

練上げは技法の性質上、厚みを持たせるとその分ひび割れが起きやすくなります。
ただ掛谷さんはそのリスクはもちろん承知で、乗り越える意気込みで臨まれました。
難しい挑戦だったので結果が得られるかドキドキでしたが、見せて頂いた試作品は
今までとは違う雰囲気も感じさせつつ、見事に掛谷さんの作品でした。そして無傷。
さすが!と叫んでしまいました。

たくさんのお客様と喜び、楽しめたらと思います。
ご来店を心よりお待ちしております。

会期:8月31日(土)~9月9日(月) ※4日(水)はお休みします。
◆掛谷さん在店日、31日(土)

「筒・板・箱」あと2日です。

日曜日, 12月 2nd, 2018

企画展「筒・板・箱」、いろんな意味でドキドキしながら始まりました。
こんな偏った内容の企画でも楽しみにしてくださっていたお客様がいらっしゃり、
心底安心しましたし、喜びました。
ありがとう御座いました。

最初に予定していた会期を変更したため来れなくなってしまった、というお声もありました。
誠に申し訳ございませんでした。心からお詫び申し上げます。

この企画展を知らずに来たお客様、期待外れでしたら誠に恐れ入ります。
これはこれで面白いじゃんと言ってくださるお客様がいらっしゃり、励まされました。
ありがとう御座いました。

あと2日やります。
お付き合いいただけましたら幸いです。


初日開店直前の店内

本展でご紹介しているものに他所からお預かりしているものはなく、すべて当店の在庫です。
なので会が終わってからも売約にならなかったものは引き続き当店で販売します。

そんな都合もあって会期は短く設定しました。
そしてその短い会期中に記事をまとめるのも難しいため、今回はブログでの商品紹介は省略します。

そのかわり instagram でできるだけ丁寧にご紹介しています。
会期終了後も今回から店に並べ始めたものには #筒板箱 のタグを付けてアップしていきます。
ぜひご覧ください。

スマートフォンをお使いでない方は コチラ にお進みください。
instagramにアップした画像をパソコンからご覧いただけます。


筒いろいろ


板いろいろ


箱いろいろ

こんなマニアックな内容ですがお問い合わせくださったお客様もいらっしゃり、嬉しく思います。
誠にありがとう御座います。

いつもどおり会期中は店頭販売のみとなりますが、通販のご希望はお聞きしております。
会期が終わりましたら早くにお声を頂いた方から順にご案内させて頂きます。
目に留まるものがありましたらどうぞお問い合わせください。

ご来店もお問い合わせもお待ちしております。
よろしくお願いいたします。

「掛谷康樹 展」盛会御礼と長期休業

木曜日, 10月 6th, 2016

掛谷さんの個展は2日に閉会いたしました。
今回はご来店のお客様も多かったのですが、お問い合わせの多さに驚き、慌てました。

ただ巡り合わせが良くて、ほぼすべてのお客様のご期待にお応えできました。
掛谷さんが精一杯の準備をしてくださったおかげです。

たくさんの橋渡しができたことを心より嬉しく思っております。
お客様にも掛谷さんにも、心から御礼申し上げます。ありがとう御座いました。

次の作品展は2年後になりそうです。
どうぞご期待ください。

20161005
初日、お客様に作品の説明をする掛谷さん(右)

お問い合わせの多さに慌てたのは会期終了後すぐに車での長旅が控えていたせいもありました。
お客様の対応が素早かったおかげで発送の手配は順調に完了し、私は2日から出かけております。

これから鈴木照雄さんと谷由起子さんの展示会を観るため、今日は宮城に来ています。
北陸を北上するルートにしたので途中にかねてから訪問したかった光徳寺、東北民藝館を見学しました。
どちらもまた行きたいと思うほど、本当に素晴らしかったです。

道中ところどころで寄らせて頂いた道具屋さんでは楽しい仕入れがたくさんできましたし、
なかなかに幸先は良いです。

この先も来月上旬まではこんな感じであちこち動き回ります。
お問い合わせへのご返信・対応にはお時間を頂戴するケースが多くなるかと思いますが、
何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

それから22日からの「咖喱と古民藝」への出品物を一日一品、インスタグラムで地味に紹介しております。
ご覧いただけますと幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

「掛谷康樹 展」から、楕円皿・角皿

金曜日, 9月 30th, 2016

陶土の塊から切り取った板状の土を型に当てて成形する型物は形の自由度が高く、
ロクロでは丸いものしかできませんが(後で叩いたりして変形させることはできます)、
四角や楕円といった丸以外の形のものがたくさん作られます。

掛谷さんの作品にも四角・楕円のものはたくさんあって、どれもご好評いただいております。
いくつかご紹介いたします。

20160930_1
34.楕円皿6寸(19.5cm×16cm高3cm) ※上、完売御礼。

20160930_2
35.楕円皿8寸(26cm×17.5cm高2.8cm)

20160930_3
36.角皿5寸(15.5cm×15.2cm高2.5cm) ※上と下左、完売御礼。

食卓にこういう形のものがひとつでも入るとリズムが出て心地よいです。
うつわがたくさん並ぶときは収まりが良くなることも多く、いろいろ便利です。

四角や楕円の形を活かした盛り付けも楽しんで頂きたいですが、
あまり形を意識し過ぎずに楽にラフに使って頂けたらとも思います。

20160930_4
37.浅角鉢(18.5cm×18cm高4cm) ※2点とも完売御礼。

20160930_5
38.浅角鉢(18.5cm×18cm高4cm) ※右、完売御礼

20160930_6
浅角鉢に葡萄のタルト

浅角鉢は最近できた形です。
拙宅でも使っていますし、お客様にもたくさんお求め頂きました。

かさのあるお料理、汁気のあるお料理との相性は抜群です。
ロールキャベツ皿という名前にしたいほど、ロールキャベツはぴったりでした。
画像のようにケーキやお菓子をのせてもいいもんです。

20160930_7
今日の店内

会期はあと2日となりました。
上の画像では店内まだまだ豊富な品揃えで売場が保てているように見えますが、
最後の1点になったものが多いので明日の閉店後はまた景色が変わっているかもしれません。
たくさんのご来店、お問い合わせに心から感謝申し上げます。

ブログの更新は今日で終わりますがインスタグラムは明日も更新いたします。
ご覧いただけますと幸いです。

尚、会期後すぐに長期休業に入るため「掛谷康樹 展」に関するお問い合わせ対応は明日までとなります。
10月2日以降に頂いたお問い合わせにつきましてはお品物の確保はできても発送業務はできかねます。
あらかじめご了承ください。

どうぞよろしくお願いいたします。