Posts Tagged ‘島岡桂’

「花器 その2」

日曜日, 5月 24th, 2020

こちらにご紹介するものは「その1」にあるような気軽に使える道具的なものではなく、
生ける花も選ぶし、置く場所も選ぶような強い存在感のあるオブジェ的な品々です。

こういった作品が所々にあるおかげで陳列が引き締まっていると日々感じます。
急にこの手のものがよく売れて店内が食器ばかりになることがありますが、
そうなるとなんだか物足りないです
実用品とともに古物やこういった作品が並ぶことで出る空気感、が確かにあるのです。

そういえば作品の幅が広い作り手さんの個展は大体の場合、冴えた会場になります。
似たことなのだと思います。

SS34(19cm×5cm 高22cm)
横から
ズーム
もひとつズーム

 ≪SS34≫
 島岡桂
 地釉縄文象嵌偏壷
 36,300円(33,000円+税)
 

YN10(18cm×14cm 高20.5cm)
上から
ズーム
もひとつズーム

 ≪YN10≫
 山本教行
 象嵌耳付壷
 77,000円(70,000円+税)
 

YU78(16cm×13cm 高21.5cm)
反対側
ハンドル側
ズーム

 ≪YU78≫
 湯町窯
 海鼠釉胴紐ピッチャー
 44,000円(40,000円+税)
 

CR02(径23cm 高20cm)
反対側
上から
ズーム
もひとつズーム

 ≪CR02≫
 盛永省治
 ベース
 44,000円(40,000+税)
 

CR01(径18.5cm 高26cm)
反対側
上から
ズーム
もひとつズーム

 ≪CR01≫
 盛永省治
 ベース 楠
 44,000円(40,000円+税)

SS35(径21cm 高23cm)
横から
上から
ズーム
もひとつズーム

 ≪SS35≫
 島岡桂
 地釉縄文象嵌壷
 55,000円(50,000円+税)
 

IK05(径21cm 高22cm)
ズーム
もひとつズーム

 ≪IK05≫
 石飛勝久
 白磁面取壷
 71,500円(65,000円+税)
 

タタキ偏壷イッチン(径22.5cm 高26.5cm)
上から
イッチンにズーム

 ≪US02≫
 上江洲茂生
 タタキ偏壷イッチン
 ※ご売約御礼

昨年逝去された上江洲茂生さんの作品はこの偏壷と同手の壷が当店最後の在庫となりました。
壷は インスタグラム に載せましたのでこちらも是非ご覧ください。
(古道具の仕入れで入手したため格安です。)

開店前に仕入れで伺った際、ご自身の代名詞でもあった厨子甕をはじめ大物が素晴らし過ぎて、
勢いで複数仕入れました。上江洲さんは心配したのか「こういうのはすぐには売れないよ。」
と仰いましたが案外早く売れました。作品の底力を見た気がしました。

この偏壷もちゃんと店頭に出していればきっともう売れていたと思います。
なんとなくあの最初の仕入れで入手したものをすべて手放すのが惜しくて、
たまにしか店頭に出しませんでした。配り手としてはお恥ずかしい話です。

何はともあれ、上江洲さんの大きなと壷や甕は当店の売り場には器だけじゃなく、
こういうものが不可欠なのだということを教えてくれました。

上江洲さんの偏壷の話ばかりになってしまいましたが、どれも等しく力のあるものだと思います。
場の空気感を創るため、こういうものを必要としている場所があるのではないでしょうか。
器もいいですがそれ以外のもにも時々目を向けて頂けたら嬉しいです。

「花器 その1」

日曜日, 5月 24th, 2020

この休み中は家の草むしりをしたり、娘の元気を発散させるために公園や神社に出かけたり、
いつもより自然に接する機会が多く、目にする新緑や野の花がことごとくきれいで感じ入りました。

私はこういうものを扱っているくせに花を飾る習慣がありません。
花はきれいだと思うし、素敵に生けられている様を見ればけっこう感激して見入るのですが、
自分ではやりません。

ただ毎回必ず花を摘んで持ち帰り、小さな花瓶に入れては満足そうな娘を見るのは実に愉快だし、
花があると空間はずいぶん明るくなるし、瑞々しくなっていいものだと実感しました。

娘のおかげで花器を使う楽しさや花がある空間のよさをあらためて確認できた、
そんな輩の紹介で恐れ入りますが、花器いろいろどうぞご覧ください。

左から YU72、YU73、YU74 (3点とも径6cm 高9.5cmほど)
反対側にズーム
左から YU75、YU76(ともに径6cm 高9.5cmほど)
反対側にズーム

 ≪YU72≫ 花入れ黄 A、2,530円(2,300円)
 ≪YU73≫ 花入れ黄 B、2,530円(2,300円)
 ≪YU74≫ 花入れ黄 C、2,530円(2,300円)
 ≪YU75≫ 花入れ海鼠釉 A、2,530円(2,300円)
 ≪YU76≫ 花入れ海鼠釉 B、2,530円(2,300円)
 

ST61(径9.5cm 高12cm)、ST62(径12cm 高12cm)
反対側
ST61にズーム
ST62にズーム

 ≪ST61≫
 鈴木照雄
 花器 その1
 13,750円(12,500円+税)

 ≪ST62≫
 鈴木照雄
 花器 その2
 ※ご売約御礼
 

SS33(径12.5cm 高16cm)
ズーム

 ≪SS33≫
 島岡桂
 地釉縄文象嵌壷 小
 19,800円(18,000円+税)
 

FG05(12cm×7cm 高16.5cm)
反対側
横から
上の方にズーム
下の方にズーム

 ≪FG05≫
 舩木研兒
 鉄釉花器
 55,000円(50,000円+税)
 

YU76(13cm×10.5cm 高16.5cm)
反対側
横から

 ≪YU76≫
 湯町窯
 櫛描偏壷
 13,200円(12,000円+税)
 

YU77(14cm×12cm 高16.5cm)
反対側
ハンドル側
ズーム

 ≪YU77≫
 湯町窯
 海鼠釉ピッチャー
 17,600円(16,000円+税)
 

HM02(径10cm 高16.5cm)
反対側
上の方にズーム
下の方にズーム

 ≪HM02≫
 平山元康
 筒花器
 ※ご売約御礼
 

FG02(径12.5cm 高21.8cm)
反対側
上の方にズーム
下の方にズーム

 ≪FG02≫
 舩木研兒
 面取花器
 44,000円(40,000円+税)


FG02(10.5cm×10.5cm 高20cm)
反対側
ズーム
もひとつズーム

 ≪AT31≫
 安土忠久
 角花器
 13,200円(12,000円+税)
 

花器だけでまとめてみようと思ったらけっこうたくさんありました。
なので大きさで分けて二つの記事にしました。
今回はさほど場所を取らないもの、次の「その2」は比較的大きなものになります。

本記事の冒頭で、花器を使う楽しさを感じた、花がある空間に瑞々しさを感じた、
的なことを綴ったのですからお花を入れた写真をご用意できればよかったのですが、
数が数だけに断念しました。

どうか想像力を働かせつつ、また佇まいそのものに存在感や魅力があることを確認しつつ、
ご覧頂けたらと思います。

「大皿」

火曜日, 5月 5th, 2020

これまでの投稿では作り手別にご紹介してきましたが、今回は大皿でまとめました。
点数がそこそこあるのと、1点毎の画像が多めなので長いです。
全部見るのは大変かもしれませんが、最後までご覧頂けましたら嬉しいです。

ちなみにお気づきかとは思いますが、すべての画像はクリックして頂くと拡大されます。
プロのような画像ではありませんが色味や質感がよりお分かりいただけるかと思います。
是非ご覧ください。

JP33(径28.5cm高6cm)
ズーム
横から
裏面

 ≪JP33≫
 齊藤十郎
 点打大皿 その1
 ※ご売約御礼
 

JP34(径28.5cm高6cm)
ズーム
横から
一か所ご覧のようなブクがあります。
裏面

 ≪JP34≫
 齊藤十郎
 点打大皿 その2
 13,200円(12,000円+税)
 

JP35(径28.5cm高6cm)
ズーム
横から
裏面
高台が粗いですが、手を傷つけるような状態ではありません

 ≪JP35≫
 齊藤十郎
 点打大皿 その3
 ※ご売約御礼 

JP36(径28.5cm高4.5cm) ※ご売約御礼
ズーム
窯変にズーム
横から
裏面
裏面にズーム

 ≪JP36≫
 齊藤十郎
 スリップウェア大皿
 ※ご売約御礼
 

YU01(径30cm高4.8cm)
ズーム
もひとつズーム
横から
裏面
裏面にズーム

 ≪YU01≫
 湯町窯
 海鼠釉大皿来待錆流し
 27,500円(25,000円+税)
 

FG04 (径31cm高4.5cm)
ズーム
裏面
裏面にズーム

 ≪FG04≫
  舩木研兒
  線彫り大皿
 ※ご売約御礼
 

ST01 (径31.5cm高6cm)
ズーム
もひとつズーム
横から
側面にズーム

 ≪ST01≫
 鈴木照雄
 大皿
 33,000円(30,000円)
 

OLD15 (径32cm高6.5cm)
ズーム
もひとつズーム
暗めの色ですが表情豊かです。
横から
裏面
裏面にズーム

 ≪OLD15≫
 高取焼
 線彫大皿
 11,000円(10,000円+税)
 

OLD16 (径32cm高7.5cm)
横から
裏面
裏面にズーム

 ≪OLD16≫
 堤焼
 大皿
 27,500円(25,000円+税)
 

MN02 (径32cm高6cm) ※ご売約御礼
ズーム
横から
裏面
裏面にズーム

 ≪MN02≫
 前野直史
 つや消しスリップウェア大皿
 ※ご売約御礼
 

SS32(径33.5cm高7.5cm)
ズーム
もひとつズーム
横から
裏面

 ≪SS32≫
 島岡桂
 地釉縄文象嵌大皿飴柿流し
 44,000円(40,000円+税)
 

OLD17(34.5cm×33cm)
ズーム
もひとつズーム
横から
飾りでしょうか。通っていない口が付いてます。
裏面にズーム

 ≪OLD17≫
 上野焼
 片口型大鉢流し釉
 66,000円(60,000円+税)
 

P37 (30cm×22cm高7cm)
ズーム
窯変にズーム
横から
裏面
裏面にズーム

 ≪JP37≫
 齊藤十郎
 スリップウェア角深鉢
 33,000円(30,000円+税)
 

YU02 (30cm×27.5cm高4.8cm) ※ご売約御礼
ズーム
もひとつズーム
横から

 ≪YU02≫
 湯町窯
 海鼠釉大角皿来待錆流し
 ※ご売約御礼

YN07 (31.8cm×26.5cm高5.5cm)
ズーム
横から
裏面
裏面にズーム

 ≪YN07≫
 山本教行
 瑠璃釉押文大角皿
 ※ご売約御礼
 

IK04 (30.5cm×30.5cm高5.5cm)
ズーム
もひとつズーム
横から
裏面
渋い線彫りのサインです

 ≪IK04≫
 石飛勝久
 大角鉢呉須
 60,500円(55,000円+税)
  

横からの画像がなかったり、裏面の画像がなかったり、抜けがちょいちょいあります。
誠に恐れ入ります。
画像だけでは納得しかねる個所もあろうかと思います。
気になる事がありましたらどんな些細なことでも構いませんのでご質問ください。

ここまで私なりにかなりのハイペースで更新して参りました。
まだまだご紹介したいものがたくさんあるのですがそれ以外の業務も控えていますので、
ブログの更新はちょっと一休みさせて頂いて、次は9日以降とさせて頂きます。

ご検討中のものがあるお客様におかれましても一度ここまでのものを見返して、
じっくりお考えいただく時間として頂けますと幸いです。
新しく導入した「留め置き」もありますので、どうぞご活用ください。

発送業務やメールの返信等は7日から再開します。
インスタグラムは気が向くままに、余裕があれば多めに更新すると思います。
ご覧いただけますと幸いです。

引き続きよろしくお願いいたします。

島岡桂「その他」 SS21~31

金曜日, 4月 24th, 2020

いま店にある島岡桂さんの作品はお皿が多く、それ以外はあまり種類がありません。
そのため「その他」としてコンパクトにまとまってしまいました。
新入荷をまたお知らせできると信じて、とりあえずは今あるものをご紹介させて頂きます。

SS21(径7cm高7.5cm)、SS22(径7cm高8cm)
SS21にズーム
SS22にズーム
SS23(カップ9.5cm×8cm高7cm、皿:径15cm高2.5cm)
SS24(カップ:11.5cm×10cm高6.5cm、皿:径15cm高3cm)
SS23とSS24のカップを並べて
SS23とSS24にズーム

 ≪SS21≫ 地釉縄文象嵌湯呑 その1、 4,180円(3,800円+税)
 ≪SS22≫ 地釉縄文象嵌湯呑 その2、 4,180円(3,800円+税)
 ≪SS23≫ 地釉縄文象嵌碗皿 その1、 6,050円(5,500円+税)
 ≪SS24≫ 地釉縄文象嵌碗皿 その2、 6,600円(6,000円+税)

SS25(17.5cm×12.5cm高20cm)
SS25の蓋にズーム
SS25の胴体にズーム
左からSS26(径8cm高13.2cm)、SS27(径9cm高13cm)、SS28(径8.5cm高14.5cm)
SS26、SS27にズーム
SS28にズーム

 ≪SS25≫ 地釉縄文象嵌按瓶、 27,500円(25,000円+税)
 ≪SS26≫ 地釉縄文象嵌徳利 その1、8,800円(8,000円+税)
 ≪SS27≫ 地釉縄文象嵌徳利 その2、8,800円(8,000円+税)
 ≪SS28≫ 指描き徳利、7,700円(7,000円+税)

SS29(径8.5cm高12.5cm)、SS30(径8cm高13cm)
SS29にズーム
SS30にズーム
SS31(径9.5cm高13cm)
SS31にズーム

 ≪SS29≫ 灰釉面取筆筒、7,700円(7,000円+税)
 ≪SS30≫ 筆筒、8,800円(8,000円+税) 
 ≪SS31≫ 地釉縄文象嵌筆筒、9,900円(9,000円+税)

島岡さんの作品紹介は以上です。
実はまだご紹介していない大皿があるのですが、
大皿は大皿でまとめて紹介する記事を設けようと思っており、
そこでご紹介させて頂くことにしました。
ご期待頂けますと幸いです。

次は明日か明後日、森山窯の品々をご紹介いたします。
よろしくお願いいたします。

島岡桂「皿、鉢」 SS01~20

水曜日, 4月 22nd, 2020

今日は島岡桂さんの作品から、お皿と鉢をご紹介します。
店に今あるものはすべて撮影しました。
お目に留まりましたら幸いです。

左からSS01(9cm×8cm高2.8cm)、SS02(14.5cm×13cm高3.2cm)
SS02を横から
SS01、SS02にズーム
SS03(17.5cm×15cm高3cm)
SS04(17.5cm×15cm高3cm)
SS03とSS04にズーム
SS03とSS04の裏
SS05(21.5cm×19cm高3.5cm)
SS06(21.5cm×19cm高3.5cm)
SS07(21.5cm×19cm高3.5cm)

 ≪SS01≫ 地釉縄文象嵌六角皿 小 ※完売御礼
 ≪SS02≫ 地釉縄文象嵌六角皿 ※完売御礼
 ≪SS03≫ 地釉縄文象嵌楕円皿 その1 4,180円(3,800円+税)
 ≪SS04≫ 地釉縄文象嵌楕円皿 その2 4,180円(3,800円+税)
 ≪SS05≫ 地釉縄文象嵌楕円皿 大 その1 8,250円(7,500円+税)
 ≪SS06≫ 地釉縄文象嵌楕円皿 大 その1 8,250円(7,500円+税)
 ≪SS07≫ 地釉縄文象嵌楕円皿 大 その1 8,250円(7,500円+税)

SS08(18cm×18cm高2.5cm)
SS08にズーム
SS09(18cm×18cm高2.5cm)
SS09にズーム
SS09を横から
SS10(26.5cm×16cm高2.5cm)
SS10にズーム
SS11(24cm×17cm高2.5cm)
SS11にズーム
SS11を斜めから

 ≪SS08≫ 型打地釉縄文象嵌正角皿 その1 5,280円(4,800円+税)
 ≪SS09≫ 型打地釉縄文象嵌正角皿 その2 5,280円(4,800円+税)
 ≪SS10≫ 型打地釉縄文象嵌長角皿 7,480円(6,800円+税)
 ≪SS11≫ 型打地釉縄文象嵌楕円皿 6,600円(6,000円+税)

SS12(径18cm高3.5cm)
SS12にズーム
SS13(径20.5cm高3.8cm)
SS13にズーム
SS14(径20.5cm高3.8cm)
SS14にズーム
SS15(径20.5cm高3.8cm)
SS16(径23.5cm高4cm)
SS17(径23.5cm高4cm)
SS16を横から






  ≪SS12≫ 刷毛目皿6寸 4,400円(4,000円+税)
  ≪SS13≫ 地釉縄文象嵌皿7寸 その1 5,500円(5,000円+税)
  ≪SS14≫ 地釉縄文象嵌皿7寸 その2 ※完売御礼
  ≪SS15≫ 地釉縄文象嵌皿7寸 その3 ※完売御礼
  ≪SS16≫ 地釉縄文象嵌皿8寸 その1 13,200円(12,000円+税)
  ≪SS17≫ 地釉縄文象嵌皿8寸 その2 10,450円(9,500円+税)

SS18(径14.5cm高5cm)
SS18にズーム
SS19を横から
SS19を上から

SS20(27cm×26.5cm高7.5cm)
SS20にズーム

 ≪SS18≫ 地釉縄文象嵌小鉢 3,960円(3,600円+税)
 ≪SS19≫ 灰釉刷毛目鉢 3,960円(3,600円+税)
 ≪SS20≫ 地釉縄文象嵌角鉢 27,500円(25,000円+税)


明日はブログでの商品紹介をお休みいたします。
続きは明後日、島岡桂さんのカップや筒などを掲載いたします。
ご期待くださいませ。

通販拡充のためのインスタグラムとブログの更新は始まったばかりですが、
数件のお問い合わせを頂戴しており喜んでおります。
さっそく「留め置き」をご利用くださる方もいらっしゃり、嬉しく思います。

こんなペースでしばらく続けて参ります。
ゆっくりなので「留め置き」、便利です。
是非ご活用ください。