Posts Tagged ‘安土忠久’

「安土忠久 展」から、グラス

土曜日, 8月 17th, 2013

20130817_1
へちかんだグラス(左から高8cm、10cm、13cm)

へちかんだ、とは飛騨の方言で「歪んだ」という意味です。
型を使わないで作る形と吹いた時の勢いが残り、今にも動き出しそうな佇まいです。

20130817_2
そば猪口(径8.5cm高8.5cm)

お求めになられたお客様は皆さんコップとして使うと仰ったので、
グラスとしてご紹介しました。グラス類に比べて全体に丸みがあります。
胴体の下の部分だけに薄っすらと入っているモールが憎いです。

20130817_3
面取りグラス(左から径7.5cm高8cm、径8cm高11cm)

20130817_4
モールグラス(径8cm高8.5cm)

20130817_5
コップ(径6cm高10.5cm)、トールグラス(径6.5cm高15cm)

忠久さんとお取り引きする前に、一ファンとして個展を見に行き、
その時に求めたコップや面取りグラスを今でも愛用しています。
10年くらい経つでしょうか。

今でもふと、きれいだなーと、しみじみ眺めていることがあります。
お持ちになられた方にも、きっと長くご愛用頂けることと思います。

「安土忠久 展」から、酒器

金曜日, 8月 16th, 2013

お酒が大好きな忠久さん、定番で作っている酒器の種類が豊富です。
常設では紹介できないボリュームで並んでいます。ご紹介いたします。

20130816_1
へちかんだ徳利(高15.5cm)

20130816_2
徳利(高13cm)

20130816_3
徳利いろいろ(左から、高11.5cm、高10cm、高12.5cm)

20130816_4
平ぐいのみ(径9.5cm高4.5cm)

20130816_5
ぐいのみ(径7cm高5.5cm)

20130816_6
徳利とぐいのみで冷酒。

ぐいのみ2種は手に持ったお客様が高確率で「でかいな!」と仰います。
とくに平ぐいのみはほぼ全てのお客様がそうお感じになられるようです。
拙宅では豆鉢として使っています。

20130816_7
冷酒用グラスストレート(高11cm)

20130816_8
ワイングラス(高12.5cm)

20130816_13
ビアグラス(径6cm高11cm)にビール

20130816_9
デキャンタ(径13cm、高17cm)

20130816_10
ウィスキーグラス(径7.5cm高9cm)、ウィスキーグラス水割り(径7.5cm 高11cm)

この2点と徳利、ぐいのみなどはオンラインショップに掲載があります。
コチラからどうぞご覧ください。

20130816_11
ショットグラスミニ(径5.5cm高6cm)、ショットグラス(径6.5cm高7cm)

20130816_12
ショットグラスにブランデー。

本日の品々は酒器としてご紹介しましたが、ワイングラスでビールをというお客様や、
同じくワイングラスをお冷を出す時にも使おうかな、とお求めになられた飲食店の方、
徳利を一輪挿しにしちゃおう、というお客様もおられました。

飲む器、呑む器、それ以外… 自由に見立てて、お気に入りを見つけて頂ければ幸いです。

「安土忠久 展」から、大もの

木曜日, 8月 15th, 2013

個展では届いた品をほぼ全種類陳列し、店内が一人の作り手のもので埋まります。
作り手が定番として作っていても常設では紹介できていない品を並べたり、
「大もの」をたくさん並べたりできるのが、店として非常に楽しみなことです。

今回も常設では紹介することの少ない「大もの」がいくつも並んでいます。
少しご紹介させて頂きます。

20130815_1
耳付きワインクーラー (22.7cm×21cm高22cm)

20130815_2
耳にズーム

20130815_3
ワインクーラー 手前(径21.5cm高18.5cm)、奥(径15cm高15.5cm)

20130815_4
ワインクーラー (径24.5cm高19.5cm)

20130815_5
上のワインクーラーにヒマワリ

20130815_6
大皿 (径32cm~34cm、高4cm~5.5cm)

20130815_7
大皿にズーム

20130815_8
大鉢 (径35cm~37.5cm、高8cm~10cm)

20130815_9
大鉢にズーム

20130815_10
コンポート(径30cm高13.5cm~15cm)

20130815_11
上からズーム

20130815_12
脚にズーム

どれも実際は画像よりはるかに強くて存在感があります。
またこの他に、花器にも大きなものがあります。それは後日ご紹介させて頂きます。

会期はあと4日です。ブログでなるべく多くの品をご紹介するよう努めますが、
やはり実物にはかないません。ぜひ忠久さんの硝子を感じに、ご来店ください。

「安土忠久 展」から、鉢

水曜日, 8月 14th, 2013

先日の記事で忠久さんの硝子を使うイメージは掴んで頂けたでしょうか。
今回は鉢類を、形と質感でご覧ください。
使っている場面もなんとなく想像しながら見て頂けたら幸いです。

20130814_1
角鉢(14.5cm×14.5cm、高6cm)

20130814_2
碗(径11.5cm、高6cm)

20130814_3
サラダ鉢(径17cm、高6.5cm)

20130814_4
平鉢(径21.5cm、高5.5cm)

20130814_5
同じく平鉢を、真横から

平鉢は他に、径25.5cm高6㎝、径28.5cm高7cmの大きさもご用意しています。
いろいろ使える形、使いたくなる形です。お好みの大きさがあれば是非に。

20130814_6
入れ子セット

20130814_7
収納するときには重ねてこのように

3点とも使い良いかたち、大きさです。(※サイズ詳細は後日追記します)
食器棚の中にこの重ねた姿があるのもかわいいです。

ちなみに入れ子は本日品切れになりましたが、金曜日に追加が届きます。
その他にも品薄・品切れになっていた品が何点か一緒に届く予定です。

20130814_8
小鉢2種。手前(径10.5cm高5.5cm)、奥(径13.5cm高6cm)

会期は中日を迎えましたが、まだまだ店内たくさん並べてお待ちしております。
ぜひご来店ください。

安土忠久さんの硝子でお食事

月曜日, 8月 12th, 2013

作り手さんに在店して頂いた日は、近くの「谷屋」で食事をするのが恒例です。
今回は在店日がないなぁとさみしく思っていたのですが、友人が誘ってくれました。
せっかくなので忠久さんの器を持参して、使ってもらいました。

20130812_1
まずは暑気払いに「とろろ汁」を、へちかんだグラス(小)に。

20130812_2
碗に「鰻ざく」。

20130812_3
「鱧のお造り」はサラダ鉢に氷を敷いて。

20130812_4
出ました、「鮎の塩焼き」。角小皿で。

20130812_5
「焼き伏見唐辛子」は角鉢(大)で。

20130812_6
「バイ貝の潮煮」を角小皿に。

20130812_7
最後に「じゅんさい」を碗で頂きました。

というわけで、美味しい料理を流石の盛り付けで楽しんできました。
突然の依頼に快く応えてくださった谷屋さん、いつもありがとう御座います。

皿・鉢は硝子よりも陶磁器をお選びになるお客様が多いように感じますが、
拙宅では季節を問わずに活躍しています。
こうして使って頂いても、ご自宅で気楽に使って頂いても、愉しいものです。

ふだんの食卓に硝子の器、ぜひご一考ください。


・へちかんだグラス(小) 径6cm、高8.5cm ¥3,150
・碗 径11.5cm、高6cm ¥3,675
・サラダ鉢 径17cm、高6.5cm ¥4,725 
・角小皿 15.5cm×11.5cm、高2.5cm ¥4,200
・角鉢 14.5cm×14.5cm、高6cm ¥4,725