Posts Tagged ‘坂本工窯’

坂本工窯の新着

月曜日, 6月 1st, 2015

いつも東京のsonomonoさんから譲っていただいている小鹿田焼ですが、
先日小鹿田を訪ねることができたので坂本工窯と柳瀬朝夫窯の2件にお伺いしました。
急な訪問でしたがどちらも快くお迎えくださり、よい仕入れができました。

今日は坂本工窯からの新着品をご紹介いたします。

20150527_1
作陶中の創さん(左)と工さん。

しばらくお話ししながら作陶の様子を見せて頂きました。

創さんはお皿を製作中。轆轤での成形が次々に出来上がっていくのを眺めるのはいい気分でした。
画像は乾いたお皿に飛鉋を施しているところです。

工さんは少しずつ土を足していく紐作りで傘立てを製作中でした。
こちらもお話ししながらですが、みるみる大きさを増し形になっていくので驚きました。

20150601_2
5寸皿飛鉋(径16cm高3.5cm)、8寸皿飛鉋(径24.5cm高4.5cm)

20150601_3
6寸皿刷毛目(径18.5cm高3.5cm)、8寸皿刷毛目(径24.5cm高4.5cm)

20150601_4
6寸縁重ね鉢(径18cm高7.5cm)

20150601_5
湯呑(高8.5cm)

20150601_6
蓋物(左から高11cm、11cm、12.5cm)

20150601_7
8寸縁重ね皿(径24cm高5cm)

お二人の作品には一子相伝で続いてきた小鹿田焼の染みつきをもちろん感じます。
そして同時に新鮮な空気感、色気みたいなものも感じます。

意匠において小鹿田らしいものも小鹿田らしくないものもあります。
ただむしろ安心するというか、ひとつのことが続いていく上でそういうことをする人は必要だろうし、
お二人のクオリティがご覧のとおりなので頼もしく感じる次第です。偉そうに恐れ入ります。

20150601_8
8寸皿三彩抽象文(径25.5cm高4.8cm)

20150601_9
尺皿三彩櫛描(径30cm高6cm)

20150601_10
7寸筒花瓶(高20.5cm)

注文もお願いしましたがこれから製作する他店さんからの注文分がたくさんあるそうで、
作品展の予定も次々あり、到着は半年以上は先になるだろうとのことでした。

楽しみですがひとまず今回入荷分をご覧いただけますと幸いです。
画像にないものもいくつか並んでいます。ぜひご来店ください。

近日中に柳瀬朝夫窯からの新着もご紹介いたします。