Posts Tagged ‘古いもの’

「筒・板・箱」あと2日です。

日曜日, 12月 2nd, 2018

企画展「筒・板・箱」、いろんな意味でドキドキしながら始まりました。
こんな偏った内容の企画でも楽しみにしてくださっていたお客様がいらっしゃり、
心底安心しましたし、喜びました。
ありがとう御座いました。

最初に予定していた会期を変更したため来れなくなってしまった、というお声もありました。
誠に申し訳ございませんでした。心からお詫び申し上げます。

この企画展を知らずに来たお客様、期待外れでしたら誠に恐れ入ります。
これはこれで面白いじゃんと言ってくださるお客様がいらっしゃり、励まされました。
ありがとう御座いました。

あと2日やります。
お付き合いいただけましたら幸いです。


初日開店直前の店内

本展でご紹介しているものに他所からお預かりしているものはなく、すべて当店の在庫です。
なので会が終わってからも売約にならなかったものは引き続き当店で販売します。

そんな都合もあって会期は短く設定しました。
そしてその短い会期中に記事をまとめるのも難しいため、今回はブログでの商品紹介は省略します。

そのかわり instagram でできるだけ丁寧にご紹介しています。
会期終了後も今回から店に並べ始めたものには #筒板箱 のタグを付けてアップしていきます。
ぜひご覧ください。

スマートフォンをお使いでない方は コチラ にお進みください。
instagramにアップした画像をパソコンからご覧いただけます。


筒いろいろ


板いろいろ


箱いろいろ

こんなマニアックな内容ですがお問い合わせくださったお客様もいらっしゃり、嬉しく思います。
誠にありがとう御座います。

いつもどおり会期中は店頭販売のみとなりますが、通販のご希望はお聞きしております。
会期が終わりましたら早くにお声を頂いた方から順にご案内させて頂きます。
目に留まるものがありましたらどうぞお問い合わせください。

ご来店もお問い合わせもお待ちしております。
よろしくお願いいたします。

「古いモノ 展」でご紹介の品について

金曜日, 2月 23rd, 2018

個展や企画展の際はいつもブログを更新し、そこで商品もご覧頂けるようにしていますが、
今回の「古いモノ 展」の商品は基本的にSNSでのご紹介とさせて頂くことにしました。

スマートフォンからが便利ですが、パソコンでも以下のリンクからご覧頂けます。
http://instagram.com/objects_jp/

お品物についてはそれぞれの投稿の中でしっかりお伝えするつもりです。
お付き合いいただけますと幸いです。

尚、SNSで紹介しきれなかったものは後日ブログにアップするかもしれません。
その辺は状況次第になりますがご容赦くださいませ。

インスタグラムをご覧のお客様からお問い合わせを数件頂戴しております。
ありがとう御座います。

25日までは店頭販売が優先、通販希望のお客様への対応は25日の営業終了後から開始いたします。
お声が早かった方から順のご案内となりますので、
ご希望のものが御座いましたら contactページ よりお早めにお問い合わせくださいませ。

よろしくお願いいたします。


開店前のメインテーブル

今回は平日スタートになったためのんびりした初日になるだろうと思っていましたが、
開店直後は慌ててしまうほど店内賑やかでした。

わざわざお休みを合わせてくださったお客様もいらっしゃり、とても嬉しく思いました。
あらためまして御礼申し上げます。
ありがとう御座いました。

まだまだたくさんのお品物が並んでいます。
明日以降も皆さまのご来店・お問い合わせをお待ちしております。

「古いモノ 展」明日からです。

木曜日, 2月 22nd, 2018

DMの鳥居の鋳物は懇意にしてくださっている買い出し屋さんが持っていました。
ご主人にどういうものかを聞いてみるとどこから持ち帰ったかは記憶がおぼろげだけれど、
たたら製鉄の職人さんの家にあったことは間違いない、とのことでした。

「持ち主さんは仕事に行く前なんかに無事を願って手を合わせてたんだろうねぇ。」
とも話してくださいました。玄関付近の神棚のように設えた場所にあったのだそうです。

見た瞬間に心を掴まれた美しい造形にご主人の話、いろいろグッときました。
買います、と言ったらご主人は「これは安くできんよ。」と珍しく強めに仰いました。
その口調と、お店の中でお客さんが気付きにくい変な場所に置いてあったことから、
別に売れなくてもいいもの、売る気のないものだったのだろうと思いました。

でも私も見過ごすわけにはいかないのでいくらでも欲しいですと返したところ、
「そうかい…」とつぶやき、「いやぁありがとう御座いました。」と鳥居に向かって手を合わせ、
「あんたこれちゃんと売りんさいよ。」と私に渡してくださいました。
最後にもひとつグッときました。

こうして手に入れたものあれば、ゴミ同然の扱いをされていたもの、美術品、さまざま並びます。
どれもこの先、どなたかの元でご愛用の品に、せめて話のネタになってくれれば嬉しいです。

よろしくお願いいたします。


DM

今回の「古いモノ展」も国内外の様々なものをご紹介いたします。

出品物はこれまで同様に陶器や木工などの道具類が中心なのですが、
祈り、感謝、願い、そういった気持ちが込められたもの、表現されたものが
いつもより多いように思いました。

その手のものを揃えようと意識したわけではないのですが、集まってました。
昔の人々にとってそれらは日常だったのだと気づかされます。

様々なことが高い精度で予測でき、すぐに調べられ、記録できる時代ではありますが、
そういった気持ちは忘れずにいたいものです。

何はともあれ、皆さまとあれこれ言いながら楽しめましたら幸いです。
ご来店・お問い合わせを心よりお待ち申し上げます。

会期 2018年 2月23日(金) ~ 2月27日(火)
   営業時間 11:00~19:00

4日(月)~21日(木)お休みいたします。

日曜日, 9月 3rd, 2017


「咖喱と古民藝」

タイトルのとおり、明日から長いお休みを頂きます。
ご来店をご検討くださいましたお客様にはご不便をおかけしまして誠に恐れ入ります。

9日から中目黒のSMLさんで開催される「咖喱と古民藝」に間に合うよう車で東京を目指します。
その往復には仕入れや今後の展示会の相談をしに作り手さんを訪ねて回ります。
古いものも売れそうな分、売れた分だけ仕入れちゃうと思います。

「咖喱と古民藝」では初日と二日目にお店に立たせて頂きます。
美味しい咖喱も食べれますし、初日は齋藤十郎さん、松崎修くんに会えるので楽しみです。

詳しくは こちらのSMLさんのブログ記事 をご覧ください。

たくさんのお客様にお目にかかれますと幸いです。
ご来店を心よりお待ち申し上げます。


使い込んだバッグの上に、使い込んだ豆敷。(すべて私物。販売不可。)

休業明けの22日からは「HPE 展」です。
嬉しいことに今回はMITTANさんがご協力くださり、
HPEの布でシャツやワンピースなどを仕立てる受注会を開催できることになりました。

 会期:2017年9月22日(金)~26日(火)
◆HPE主宰,谷由起子さん在店日 22日、23日、24日
◆MITTANデザイナー,三谷武さん在店日 22日、23日

MITTANホームページ → http://mittan.asia/

生産数が減り続けている今、HPEの展示会をさせて頂けることに驚き、喜んでおります。
MITTANさんの強力なバックアップも叶い、気持ちはかなり昂っています。
お忙しいお二人がこれだけしっかり在店してくださるというのも奇跡的です。

尚、「HPE 展」は強行日程で行うためDMの完成が遅くなる見込みですし、
DMは無しということも考えられます。

そうなったとしても情報はしっかり行き渡るよう、ブログやSNSに情報をアップしていきます。
ご期待くださいませ。

それでは安全運転で行って参ります。

「古いモノ 展」から、いろいろ

火曜日, 8月 8th, 2017

「古いモノ 展」は本日で閉会いたしました。
ただでさえ短い会期に猛暑と台風がやってきて、お出かけには厳しい天候が続きました。
そんな中ですが楽しみにしていたと仰るお客様がいらっしゃったのは嬉しく、
とても励みになりました。心から感謝申し上げます。

ブログが一回だけというのもなんだか寂しいのでSNSに掲載済みのものになりますが、
引き続き店内に並べるものと、中目黒のSMLで来月開催される「咖喱と古民藝」にも送るものから、
いくつかご紹介させて頂きます。

・小さなもの


陶器製玩具


茶器セット


ミニチュアうつわ3種

子供のおままごとの玩具や、お雛様の飾りでもこういったものがあるそうです。
急須と片口は水がちゃんと通ります。
こんなものでも隅々まで手仕事で丁寧に作られていて、グッときました。

河井寛次郎さんがおままごと用に作られたこの手の陶器を見たとき、
作り手の苦労や真心に感心するあまり目に涙を滲ませ、
それを見た娘さんがたいそう驚いた、という話が思い出されます。

・沖縄の古陶


嘉瓶(高19.3cm)※ご売約御礼、渡名喜瓶(高15cm)、渡名喜瓶(高20.2cm)


細首瓶、褐釉瓶、褐釉瓶


マカイ、径12.5cm高6.3cm

渡名喜瓶の右は口縁がすべて直しです。
近くで見ても気が付かない人が多いほど自然な、良い直しです。
適当な直しならしていない方がいい、なんて思いますがこのクオリティならありがたいです。

マカイはよく見るイッチンで描かれた唐草ではなく、
判然としませんが釉薬で描かれているかもしれない、という変わった一品です。
何はともあれ、いい姿です。

・古民藝


奥:筒描鈴徳利(牛ノ戸焼)、手前左から:鉄絵徳利(石見焼)、徳利(石見焼)


片口(平清水焼)


片口(瀬戸焼)


壷(小代焼)、壷(二川焼)、甕(堤焼)

古さはいろいろですが、どれも昔の暮らし、先人の息遣いを感じるような品々です。
どれも日用品ですが大きなダメージはなく、何かに使って頂けるようなコンディションです。

・ヨーロッパのもの


スリップウェア鉢(ドイツ)、径18cm高6.3cm。


楕円ボウル(フランス)、21.5cm×17.5cm高8cm。


鉢(ドイツ)、径21.5cm高7.5cm。

今日ご紹介のお品物はすべて通販対応可能です。
気になるものが御座いましたら、お気軽にお問い合わせください。

本展の出品物としてインスタグラムにアップした中に、
今度の「咖喱と古民藝」にも出品するものがいくつか御座います。
それらにはハッシュタグ #咖喱と古民藝2017 を追記しました。

「咖喱と古民藝」への出品物は明日以降、少しずつご紹介していきます。
ご期待頂けますと幸いです。

この後は9月の長期休業前まで常設が続きます。
ここ数日の間に安土忠久さん、安部太一さん、照屋佳信さん、から新着がありました。
11日から店頭に並べます。

ブログでもいくつかご紹介できたらと思います。
どうぞご期待ください。