Posts Tagged ‘企画参加・出店’

営業再開してます。

土曜日, 11月 12th, 2016

20161112_1
「咖喱と古民藝」初日の店内。

中目黒のSMLさんで開催された「咖喱と古民藝」の在店は今年も楽しく過ごすことができました。
毎年来てくださるお客様、島根に旅行に来られた際に当店に寄ってくださったお客様、
通販をご利用くださったことがあるお客様、たくさんの方々にお会いできて心から嬉しく思いました。
ありがとう御座いました。

先日の長期休業はこの在店を折り返し地点に、一ヵ月かけてあちこち出かけてきました。
私の車の走行距離は3553km、沖縄でレンタカーを借りたので実際はもう少し走ってます。
行きたかったところに行き、会いたかった人に会い、見たかったものを見てきました。

動き回った甲斐あって新たな出会いやモノとのご縁がたくさんありました。
しかもこの旅においては量だけでなく、質にもとても恵まれたにように感じています。

訪ねた先々で皆さんが良くしてくださったおかげで心はたくさんの栄養を頂き、潤いました。
お会いした作り手やお店の方々、友人、美味しいご飯、大自然、大都会、すべて最高でした。
ありがとう御座いました。

旅を終えてからもずっと、来年もこういう旅に出かけたい、と思っています。
これをモチベーションにこれからの一年、日々の仕事に取り組んで参ります。

20161112_2
松崎修さんの工房にて

今月26日からは今年最後の展示会、「松崎修 展」です。
個展開催が決まった時からワクワクしていましたが、先日工房を訪ねてますます楽しみになりました。

修さんは栃木からはるばるやって来て、26日と27日に在店してくださいます。
作品と修さんのトークにどうぞご期待ください。

それまでは常設展示です。
「咖喱と古民藝」から返ってきた品々があるのでいつもより古物の割合が多めです。

安土忠久さん、石川昌浩さん、石飛勝久さん・勲さん、岩井窯、牛ノ戸焼、掛谷康樹さん、菊地流架さん、
瀬戸本業窯、仁城逸景さん、前野直史さん、松崎修さん、森山窯、湯町窯の作品も並んでいます。

20161112_3
店内の様子 その1

20161112_4
店内の様子 その2

掛谷さんの作品は9月の個展からだいぶ残しましたのでたくさん並んでいます。
湯町窯はぐい呑み、徳利、片口、写ってませんがビアジョッキなど当店としては珍しく酒器が充実しています。
酒器と言えば石川さんからは人気のワイングラスが品切れした直後に届きました。

といった感じで店内いろいろ並べております。
是非ご来店ください。

長く休んだ分、今月はいつもより多めにインスタグラムをアップするつもりです。
お問い合わせも心からお待ちしております。

どうぞよろしくお願いいたします。

「咖喱と古民藝」、明日からです。

金曜日, 10月 21st, 2016

まずはじめに、
鳥取県中部を震源とした地震のことでたくさんの方々から安否確認のご連絡を頂戴しました。
心より感謝申し上げます。

店内には今のところ変わった様子は無いとの報告を大家さんからいただき安堵しております。
埼玉の実家に帰省しておりますので私たち家族も全員無事です。
ご心配頂いておりましたらご安心頂けますと幸いです。

被害に遭われた方には心からお悔やみ申し上げます。
早期の終息を願うばかりです。

20161021_1

さて明日から中目黒のSMLさんで毎年恒例のイベント「咖喱と古民藝」が始まります。
今年も古民藝担当として参加させて頂きます。

今日お店に伺って展示をお手伝いさせて頂きました。
すでに送っていた品々に長期休業が始まってから買い求めたものも追加して、準備は整いました。

サイトトップページのスライドショーを古民藝の画像に切り替えました。
インスタグラムにも出品物をアップしていますし、SMLさんのブログでも記事にして頂きました。
是非ご覧ください。

20161021_2
恵比寿天3名様。今回は大黒天も含め20体以上いらっしゃいます。

22日と23日は私も在店させて頂きます。
年々顔見知りのお客様が増えていてとても嬉しく思っております。

今回もたくさんのお客様にお会いできますことを楽しみにしております。
どうぞよろしくお願いいたします。

「古道具の会」、盛会御礼。

日曜日, 12月 13th, 2015

4日から7日まで出雲民藝館で開催された「古道具の会」、おかげさまで大盛況でした。
ご来場くださいましたお客様に心より御礼申し上げます。ありがとう御座いました。

素晴らしい品々を集められた佐藤錦一さんとそのコレクションを預けてくださったご家族の皆様、
急な依頼にもかかわらず出店を快く引き受けてくださった三浦商店さん、
準備・撤収をお手伝いしてくださった出雲民藝協会会員や出西窯の方々、
ご紹介くださったメディアの方々にも厚く御礼申し上げます。

盛況過ぎて写真は携帯で数枚撮るのが精一杯でした。
この会を裏で力強く支えてくれたシマネプロモーションさんのブログに画像がありますのでご覧ください。
会期中の雰囲気もお分かりいただけるかと思います。→こちら

いちおう私の画像もいくつか載せておきます。

20151213_1
初日、ちょっと落ち着いたときに焦って撮った一枚。

20151213_2
出西窯の元代表、多々納弘光さんと奥様で出西織の多々納桂子さん(右)。

桂子さんに布のことをいろいろお聞きできて大変勉強になりましたし、
その時に居合わせて布選びができたお客様が満足そうで何よりでした。
弘光さんも「病が重くなっていけん。」と言いながら楽しそうにご覧くださり嬉しかったです。

ちなみに湯町窯の福間さん、森山窯のご夫妻やお弟子さん、出西窯の陶工さんなどなど、
作り手さんも多くお越しくださいました。

20151213_5
階段にもいろいろ陳列。

20151213_6
箪笥は売り物ではないと思っていた方が多かったようです。無念です。

先日、佐藤錦一さんのお墓参りに行って、会のことをご報告しました。
情熱をもって集められ、大切にされた品々をこういうかたちで扱わせて頂いたことへの御礼と、
出品物の多くはこういうものがお好きな方の元にたいへん喜ばれて収まっていったこと、
そして売り上げから出雲民藝館への寄付を頂戴したことなどお伝えしました。

ちなみに錦一さんの収集品、たくさんお求め頂きましたがもちろん全部売れたわけではありません。
お返しする品の中から当店の好みのもの、あまりの美しさに心打たれたので調べてみたいものなど、
いくつか買い取らせて頂きました。

この先、店頭や出店先でご紹介していく予定です。どうぞご期待ください。

20151213_3
手に持ったのは三浦さんの出品物、奥は民藝館の館蔵品。

20151213_4
三浦商店の三浦義臣さん(左)と出西窯の陰山善市さん。

この展示即売会は来館者が減り続ける出雲民藝館の再興に向けたイベントだったので、
民藝館設立の立役者だった三浦さんに出店して頂けたのも意義深かったと感じています。

画像のように館蔵品と同等の石見の徳利があったり、30年ほど前の森山窯の器があったり、
出品物も非常に楽しかったです。

何はともあれ「古道具の会」、盛況のうちに終えることができました。
あらためまして感謝申し上げます。

4月を目標にしている売店の準備にも励みになりました。精一杯努めてまいります。

20151213_5
今の当店店内。

ところで当店ですが、このところ新着が続いております。
今日はお正月飾りの注連縄が届きましたのでさっそく店内に並べました。

GalleryONOさんのガベ、佃眞吾さんの木工、掛谷康樹さんの陶器なども新たに並びました。
石飛勲さん、松崎修さんからも新着を見込んでいます。

ブログで届いた順にご紹介して参ります。
お時間ございます時にご覧頂けますと幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

「古道具の会」、明日からです。

木曜日, 12月 3rd, 2015

いよいよ明日から出雲民藝館で「古道具の会」が始まります。
3日21時の天気予報では明日と明後日は曇りときどき雨、気温は低くなるようです。

強力なストーブを出西窯の方がお持ちくださいましたが、館内がどれだけ暖まるか分かりません。
十分な防寒対策をしてご来場くださいませ。

会場までの道のりと、いまの会場の様子を簡単にご案内いたします。

20151203_1
駐車場にある看板

20151203_2
看板を過ぎてここを歩き、道なりに曲がると

20151203_3
長屋門が。こちらはなんと延享3年(1746年)の建築。

20151203_4
門をくぐったら右手、本館におすすみください。西館はその後にゆっくりご覧ください。

20151203_5
こちらが会場となる本館です。明日はこんな空模様でしょうか。

20151203_6
会場にはぎっしりお品物が並んでいます。古布だけで400点近くはあります。

20151203_7
大きなサイズのものはざっくり置いてあります。広げてご覧ください。

20151203_8
器もいろいろご用意しています。

20151203_9
金城次郎さんの品々は前よりお求めやすい価格になっております。

20151203_10
箪笥は11点並びました。どれも貴重なものですが、お求めやすくなっております。

20151203_11
箪笥の金具、素晴らしい!

以上、ざっとですがご案内とさせて頂きます。

こうして民藝館に並べても堂々と佇む品々は状態も良く、買える民藝館といった感じです。
ワクワクしながら準備しました。
お客様にも楽しんで頂けることと存じます。

会期中はブログの更新はいたしません。
ただたくさんの方々に出品物をご覧頂きたいので折をみてインスタグラムを更新いたします。
ご覧頂けますと幸いです。

明日からの4日間、短い期間ですが、たくさんのご来場を心からお待ち申し上げます。
どうぞよろしくお願いいたします。

「古道具の会」、明後日からです。

水曜日, 12月 2nd, 2015

明後日からの4日間、出雲民藝館で「古道具の会」を開催いたします。
インスタグラムやフェイスブックページでは出品物のことなど度々ご紹介してきましたが、
ブログは直前になってしまいました。誠に恐れ入ります。

ちょっと長くなりますが、「古道具の会」についてご案内させていただきます。

まずお問い合わせが何件かあった2点について。

 Q. クレジットカード決済は利用可能でしょうか。
 A. 誠に恐れ入りますが、現金でのお支払いのみとなります。

 Q. 駐車場はどうなっていますか?
 A. 敷地内にございます。混雑時はすぐ近くの駐車場をご利用頂きます。どちらも無料です。

それからお客様へのお願いを2点。

 ・本館・西館の中では飲食禁止です。喫煙は灰皿のある場所でお願いいたします。
 ・大きなお品物以外、商品は新聞紙を使った簡単な包装で、袋はビニール袋でのお渡しとなります。
  バックをご持参いただくなど、ご協力くださいますと幸いです。

続いて会の内容について。
はじめにDMの案内文にある、佐藤錦一さんについてご紹介させて頂きます。
(※案内文は本記事の最下部に載せます。)

佐藤さんは経営していたしゃぶしゃぶ屋「ろんぢん」と同じ建物に工芸店のスペースを設け、
山陰の民窯陶磁器をはじめ様々な工芸品を販売されていました。
戦後間もない、パスポートが必要な頃から頻繁に沖縄に行って金城次郎さんの窯と直接取引され、
芹澤銈介さんの作品も熱心に集めておられました。

海外の工藝にも造詣が深く、特に韓国には友人がたくさんいて何度も行かれたそうです。
今回出品されている李朝の家具は佐藤さんが韓国で買い求め、船便で送ってきたものです。

20151202_1
大きな絣や筒描の布、上の3枚は出雲民藝館の蔵品、下の2枚は佐藤さんの収集品。

20151202_2
後ろの沖縄のガラス、手前の李氏朝鮮時代の韓国の小机、小盤(ソバン)が佐藤さんの取集品です。

20151202_3
様々なインドネシアの布も佐藤さんの収集品。

佐藤さんはものが好き過ぎて、個人で美術館をやろうとしていたとご家族の方が話してくれました。

出品物には陶磁器やガラス、木工、山陰で作られた布やインドネシアの布など様々あるのですが、
それらの多くは将来そういった場所で展示することを見込んで集めていたものだそうです。
それを裏付けるように、どれも丁寧に保存されていました。

そんな佐藤さんが集め、大切にしていた品々をご紹介できることを心から嬉しく思います。

いいものばかりで、珍しいもの、今では手に入りにくいものもかなりお求めやすくなっております。
こんな機会はなかなかありません。たくさんのお客様に愉しんで頂けますと幸いです。

20151202_5
三浦さんの出品物、その1。

20151202_6
三浦さんの出品物、その2。まだまだ他にもあります。

それから江津の古道具屋、三浦商店さんにも出店して頂きます。

三浦さんは出雲民藝館の設立の際、お持ちだった石見焼や布志名焼を提供された、陰の立役者です。
現在は各地の骨董市への出店と、月末の3日間だけ開店する温泉津の店舗を続けられています。

骨董市に出される時の感じで、とお願いしたら画像にように色々なものをご用意くださいました。
館にあるのと同等の石見焼の徳利もあれば、ガラクタもあり、玉石混交といった感じです。

山陰は骨董市が少ないですから、この宝探し感覚、是非この機会にお楽しみください。

明日はざっとですが、具体的にどんなものが並んでいるのかをお伝えいたします。
どうぞご期待ください。

以下、DMの写真と案内文です。

20151202_4

2年ぶりとなる展示即売会は古道具を中心にご紹介いたします。

以前、松江でしゃぶしゃぶ屋「ろんぢん」を経営されていた佐藤錦一さんが
蒐集された出雲、弓ヶ浜、倉吉など山陰地方で作られた絣や筒描の古布をはじめ、
やきもの、ガラス、箪笥など、たくさんお預かりいたしました。
江津で古道具を扱われている三浦商店さんや出雲民藝協会会員による出品物も
多数並びます。

今の暮らしの中でも、十分に愉しめるものが見つかることと存じます。

皆さまのご来場を心からお待ちしております。

※本展の売り上げの一部は出雲民藝館の修繕費に充てさせて頂きます。