Posts Tagged ‘上江洲茂生’

「花器 その2」

日曜日, 5月 24th, 2020

こちらにご紹介するものは「その1」にあるような気軽に使える道具的なものではなく、
生ける花も選ぶし、置く場所も選ぶような強い存在感のあるオブジェ的な品々です。

こういった作品が所々にあるおかげで陳列が引き締まっていると日々感じます。
急にこの手のものがよく売れて店内が食器ばかりになることがありますが、
そうなるとなんだか物足りないです
実用品とともに古物やこういった作品が並ぶことで出る空気感、が確かにあるのです。

そういえば作品の幅が広い作り手さんの個展は大体の場合、冴えた会場になります。
似たことなのだと思います。

SS34(19cm×5cm 高22cm)
横から
ズーム
もひとつズーム

 ≪SS34≫
 島岡桂
 地釉縄文象嵌偏壷
 36,300円(33,000円+税)
 

YN10(18cm×14cm 高20.5cm)
上から
ズーム
もひとつズーム

 ≪YN10≫
 山本教行
 象嵌耳付壷
 77,000円(70,000円+税)
 

YU78(16cm×13cm 高21.5cm)
反対側
ハンドル側
ズーム

 ≪YU78≫
 湯町窯
 海鼠釉胴紐ピッチャー
 44,000円(40,000円+税)
 

CR02(径23cm 高20cm)
反対側
上から
ズーム
もひとつズーム

 ≪CR02≫
 盛永省治
 ベース
 44,000円(40,000+税)
 

CR01(径18.5cm 高26cm)
反対側
上から
ズーム
もひとつズーム

 ≪CR01≫
 盛永省治
 ベース 楠
 44,000円(40,000円+税)

SS35(径21cm 高23cm)
横から
上から
ズーム
もひとつズーム

 ≪SS35≫
 島岡桂
 地釉縄文象嵌壷
 55,000円(50,000円+税)
 

IK05(径21cm 高22cm)
ズーム
もひとつズーム

 ≪IK05≫
 石飛勝久
 白磁面取壷
 71,500円(65,000円+税)
 

タタキ偏壷イッチン(径22.5cm 高26.5cm)
上から
イッチンにズーム

 ≪US02≫
 上江洲茂生
 タタキ偏壷イッチン
 ※ご売約御礼

昨年逝去された上江洲茂生さんの作品はこの偏壷と同手の壷が当店最後の在庫となりました。
壷は インスタグラム に載せましたのでこちらも是非ご覧ください。
(古道具の仕入れで入手したため格安です。)

開店前に仕入れで伺った際、ご自身の代名詞でもあった厨子甕をはじめ大物が素晴らし過ぎて、
勢いで複数仕入れました。上江洲さんは心配したのか「こういうのはすぐには売れないよ。」
と仰いましたが案外早く売れました。作品の底力を見た気がしました。

この偏壷もちゃんと店頭に出していればきっともう売れていたと思います。
なんとなくあの最初の仕入れで入手したものをすべて手放すのが惜しくて、
たまにしか店頭に出しませんでした。配り手としてはお恥ずかしい話です。

何はともあれ、上江洲さんの大きなと壷や甕は当店の売り場には器だけじゃなく、
こういうものが不可欠なのだということを教えてくれました。

上江洲さんの偏壷の話ばかりになってしまいましたが、どれも等しく力のあるものだと思います。
場の空気感を創るため、こういうものを必要としている場所があるのではないでしょうか。
器もいいですがそれ以外のもにも時々目を向けて頂けたら嬉しいです。

新着その2、上江洲茂生さん・照屋佳信さん

火曜日, 12月 6th, 2016

20161206_1
上江洲さんと照屋さんの作品いろいろ

20161206_2
上江洲さん作の傘立て ※ご売約御礼

長期休業中に行った沖縄では久しぶりに上江洲さんと照屋さんを訪ねました。
短い時間の訪問でしたがお二人ともお元気で、相変わらずのマイペースっぷりでした。
再会できて心から嬉しく思いました。

ほんの少しですがお二人の作品を店頭に並べることができました。
ただし画像に写っているものと、上江洲さんのピッチャーが1点のみです。

お二人とも次の窯から少し分けてくださるそうですが、だいぶ先になりそうです。
お好きな方には今回分、ほんと少なくて恐縮ですがご覧頂ければと思います。

よろしくお願いいたします。

上江洲茂生さんからの新着

日曜日, 7月 28th, 2013

紹介できていませんでしたが、ここ最近、新着がいろいろ届きました。
今日は上江洲茂生さんの品を、ざっとご紹介させて頂きます。

20130728_1
左から5寸、4寸、3.6寸マカイ

20130728_2
6寸マカイ

20130728_3
左から3寸、4寸、5寸皿

20130728_4
7寸、8寸皿

20130728_5
丸湯呑み

20130728_6
カップ 小 2種

20130728_7
カップ 大 2種

20130728_8
ミルク入れ

20130728_9
ミニ抱瓶 2種

まだ店頭に並べられていないものもあります。
ご来店の際に見当たらなければ、どうぞお気軽にお申し付けください。

それから上江洲さんからの新着はインスタグラムでご紹介したところ、
ご覧になられたお客様からたくさんのお問い合わせを頂きました。
ありがとう御座いました。

明日以降、HPE、中井窯からの新着もご紹介しますが、オンラインショップへの
掲載はまだまだ先になりそうです。ブログに気になるお品物がございましたら、
どうぞお気軽にご連絡ください。

大モノのご紹介 1

日曜日, 7月 1st, 2012


「花瓶 蓋付」 径21cm 高35cm

当店にもいくつか大モノがあります。どれもその大きさだけでかなりの迫力なのですが、
見れば見るほど、普段使っている大きさの器で感じるのとは違うスケールで土や釉薬の感じ、
火の当たり、といった素材と自然の力強さや美しさが迫ってくるのでたまりません。

それに何人かの作り手から「大モノに挑む時には(色々な意味で)特別な気持ちになる」と
聞いたことがあります。

自然の力と作者の思いや願い(時に遊び心)、それらがごちゃ混ぜになった塊のような…
とにかくどれも、大モノならではの存在感を楽しませてくれます。

そんな大モノを何回かに分けてご紹介していきます。本日は上江洲茂生さんの品々です。


「花瓶 タタキ」 径22.5cm 高26cm


叩きが入って緩やかな面取りのようになっています。

この花瓶は上出来のようで、上江洲さんご自身も気に入っておられました。
サイズを測ってみると上記のとおりなのですが、それよりずっと大きく感じます。
この花瓶だけでなく、上江洲さんの大モノすべてにこの違和感を覚えました。


「タワカシ」 径17.5cm 高42cm

タワカシとは「鬼の腕」の意。高さ15cmほどのモノは今でも酒器として作られています。
かつては漁師が泡盛や水を入れるのに、海賊に襲われた時には武器としても使ったそうです。

刷毛も点打も素晴らしく、とんでもない存在感です。


「尺2寸皿」 径36.5cm高8.5cm

これらの品は展示の関係で店頭に並んでいないことがありますが、すぐにお見せできます。
ご来店の際はお気軽にお申し付けください。

尚、これまではなんとなく大モノをオンラインショップに載せるのは躊躇してきましたが、
掲載することにいたしました。

上の4点は本日掲載しました。品名にリンクを貼ってあります。そちらも是非ご覧ください。


サインもカッコイイです。

オンラインショップを更新しました

水曜日, 5月 2nd, 2012

先日の瀬戸本業窯に続き、本日オンラインショップ内に石川昌浩さん上江洲茂生さん
出西窯湯町窯のページに新入荷の掲載や再入荷の更新をしました。

まだご紹介できていなかった品を一部、ご覧ください。サイズ表記は省略させて頂きますが、
画像下の商品名にリンクを貼ってあります。詳しくはそちらをご覧頂ければ幸いです。

まずは沖縄の上江洲茂生さん、湯呑みとそば猪口が届きました。刷毛目の上から
上江洲さん独特の絵や刻紋。


左:湯呑み 刷毛目 唐草刻紋、右:湯呑み 刷毛目 花


左:そば猪口 刷毛目 唐草刻紋、右:そば猪口 刷毛目 花刻紋

湯町窯からは海鼠釉を多めに入荷しました。


4.5寸切立鉢 海鼠釉スープ碗 海鼠釉

同じ海鼠釉でも焼成時の酸素の量が影響して青、灰色に分かれます。今回の入荷では
スープ碗のみ還元焼成(窯の中に酸素が入らないように焼成すること)により灰色に
上がっています。お好みの方、是非に。


湯呑み スリップウェア 海鼠釉

オンラインショップには掲載していませんが、こんな風に色が分かれた湯呑みも2点だけ
店頭にあります。


8寸皿 海鼠釉

このお皿を見たお客様からは宇宙、銀河、といったスペーシーな言葉が聞かれます。


8号角皿 海鼠釉 スリップウェア


一輪挿し 海鼠釉 鎬ピッチャー 小 海鼠釉 鎬

石川昌浩さんからは定番外の品がいくつか入りましたがすべて1点のみ。早い者勝ちです。


網目ぐいのみ網目徳利

網目徳利と定番の網目ぐいのみをセットにしてはいかがでしょうか。


ピッチャー 小ピッチャー 小 胴丸


網目丸壷(小)網目丸壷(中)網目丸壷(大)

こちらは大が定番外。大きくなってもかわいいです。

他にもたくさん更新しました。どうぞオンラインショップページからご覧ください。
皆様のご利用を心からお待ちしております。

尚、安土草多さん、掛谷康樹さん、森山窯の品も今月中に更新すべく現在準備中です。
捗ればもっと欲張ります。どうぞご期待くださいませ。