Posts Tagged ‘メキシコの椅子’

メキシコの椅子、エキパルチェアのご紹介

月曜日, 3月 23rd, 2015

度々お問い合わせを頂戴していたメキシコの椅子、エキパルチェアが入荷いたしました。
前回の入荷は2年前でした。久しぶりのご紹介です。

20150323_1
ガベとの相性は抜群です。ノッティングとも良く合いそうです。

お近くの出西窯や湯町窯、鳥取の山根窯さんや岩井窯のギャラリーなどに置いてあるのを見て、
もしくは書籍「世界の民芸」で紹介されているのをご覧になって、
この椅子が気になっていた方やお探しだった方は多いのではないでしょうか。

今までにお求めくださったお客様は古民家、リフォームした一軒家、建売住宅、マンション、
カフェや旅館など、置く場所もお部屋だったり玄関だったり、様々な空間で使ってくださっています。
こんな椅子ですが意外と場所を選ばないようです。

20150323_2
別のガベをのっけて。

本日オンラインショップにも掲載いたしました。
リクエストの多かったクレジットカード決済もお使い頂けます。ぜひご利用ください。

コチラ からどうぞ。

次の入荷はまただいぶ先になるかもしれません。
この機会をどうぞお見逃しなく。

尚、店頭でご購入のお客様でも松江周辺への配達でしたら、
お届け先の地域や希望日・時間帯などの都合があえば当店便が送料無料でお運びいたします。
お気軽にご相談ください。

よろしくお願いいたします。

3月の営業について

日曜日, 3月 1st, 2015

3月は火曜日と水曜日にお休みを頂きます。
お間違いのないようお気を付けくださいませ。

休業日は
3日(火)、 4日(水)、10日(火)、11日(水)、17日(火)、18日(水)、24日(火)、25日(水)、31日(火)
となっております。

※3月16日 31日を追加しました。

いつもより多めにお休み頂いて、今後の個展・企画展の準備や仕入れに出かけてきます。
時間があればオンラインショップ更新の準備もしていきたいと思います。

20150301_1
小鹿田焼の棚

20150301_2
上からざっくりと

店内は常設展示が続きます。
先日の「岡山民芸振興社 松江支店」から残した坂本工窯の品々と、
東京のsonomonoさんからの新着もあったので小鹿田焼がたくさん並びました。
画像一枚目、奥に見える石川昌浩さんの硝子も在庫が充実しています。

20150301_3
森山窯の棚

20150301_4
湯町窯の棚

年末年始に仕入れた森山窯、湯町窯の品々も並んでいます。

20150301_5
エキパルチェア 高82cm(座面45cm)幅60cm

久しぶりに入荷したメキシコの椅子、エキパルチェアもご覧いただけます。
次の入荷は未定です。探していた方、この機会をお見逃しなく。

20150301_6
菊地さんの真鍮のカトラリーなど

20150301_7
リム皿3種(左から径16.5cm高1.5cm、径21cm高2cm、径29cm高2.5cm)

20150301_8
大の見込みにズーム

菊地流架さんからも昨日、新着がありました。
品切れ、品薄が続いていた鍋おたまと鍋おたま(穴あき)、スッカラが入荷しました。
オンラインショップに反映させましたのでお探しの方は是非ご利用ください。

それから昨年の盛永さんとの二人展の後にお願いしていたリム皿が届きました。
リムが広めの形ですが、置いた時の安定感はよくて使い良さそうです。
ぜひ手にとってお確かめください。

他にもいろいろ並んでいます。
これから休業日に仕入れるものや新着品が並ぶこともあるかもしれません。

3月の常設も楽しんで頂けますと幸いです。
どうぞよろしくお願いします。

メキシコの椅子が残り1+1+1脚です。

土曜日, 1月 12th, 2013

ご好評頂いているメキシコの椅子の現行品、おかげさまで残り1脚となりました。

残り1脚といっても当店で備品として使っていたものしか残っておりません。
特に目立った傷や汚れはなく、良い状態です。

20130112_1
幅65cm、奥行57cm、高さ82cm ※追記 1月13日ご売約済。

20130112_2

ご決断頂けているお客様がいらっしゃいましたら、お早めにお声掛けください。
お声が掛かるまではこれまでどおり、使わせて頂きます。悪しからず。

尚、この現行品は次の入荷の当てがなくなってしまい、現在入手ルートを鋭意
調査中です。また扱えると良いのですが…

ちなみに珍しい形のオールドが2点御座います。

20130112_3
幅59cm、奥行65cm、高さ60cm(座面まで27.5cm) ¥63,000

20130112_4

20130112_5

この形は初めて見ました。かなり使い込まれていますが、まだまだ現役。
普段使いして頂けます。在庫はこの1点のみです。

20130112_6
幅59cm、奥行65cm、高さ60cm(座面まで27.5cm) ※追記 3月2日ご売約済。

20130112_7

もう1点はこちら。先に紹介した1点より古いのか、ずっと使い込まれたからなのか、
革がだいぶ進んでいます。この形も現品のみです。

20130112_8
座面手前部分。

20130112_9

こんな具合にガベを陳列するには問題ありませんが、普段使いには少々
難ありといった感じです。それでもお声が掛かればお譲りいたします。

3点とも送料込みのお値段です。店頭ではカード決済が可能ですが、
お問い合わせからは銀行振込のみとさせて頂きます。ご容赦ください。

尚、本日ご紹介の3点はどれも中古扱い。お伝えしたい注意事項があるため、
お問い合わせはお手数ですがメールかお電話にてお願いいたします。

メキシコの椅子を掲載しました

木曜日, 7月 12th, 2012

今まで何度もご紹介してきたメキシコの椅子を、本日オンラインショップに掲載しました。


この画像はマンション住まいのお客様から頂きました。ありがとう御座います。

当店や古民家、出西窯や湯町窯に置かれて良い感じに収まっているのは見慣れてましたが、
こういう感じに使ってくださっている画は新鮮でした。お部屋に上手く馴染んでいるようですし、
お客様が椅子と、椅子のある空間を大変気に入られたようで何よりでした。

ところでこの椅子を30年、私の知る限り最長で40年使ったと仰る方がいらっしゃいました。
革の寿命として30年が目安のようです。今ある在庫から、やっと自分も1脚購入しました。
これから使い倒して、ともに爺になりたいものです。


何年物か分かりませんが、いい感じに爺になってます。こちらはサンプル(非売品)です。

オンラインショップのページはコチラから、どうぞご覧ください。

メキシコの3種が並びました

木曜日, 4月 12th, 2012

昨日から常設に戻りました。実は最近入荷していたモノや、間もなく入荷してくるモノが
結構あります。オンラインショップも今月中に必ず更新いたします。ご期待ください。

まずは、、、やっとメキシコの椅子が入荷いたしました!


1脚31,500円、サイズは幅66.5cm、奥行54cm、高81cm(座面までの高46.5cm)

店頭でお買い上げのお客様で、お持ち帰りが難しいという方はお気軽にご相談ください。
松江周辺であれば可能な限り当店で責任を持ってお届けいたします。

大きな商品なので1点につき送料を3,150円(全国一律)頂きますが、発送も可能です。

それとメキシコの椅子と同じ素材・手法で作られているスツールが2脚入荷しています。
このスツールは中古で手に入れたもので、次の入荷の予定はありません。
スツールも発送可能です。送料は別途1,050円(全国一律)頂きます。


径36cm、高36cm。こちらはダメージがあるため18,900円。※ご売約済み


径36cm、高36cm。もう1点は経年相応の変化のみで目立った傷はありません。23,100円です。

そしてメキシコのブリキ絵もあります。この2点は福岡の工藝風向、高木さんに譲って
頂きました。ありがとうございます。


23.5cm×16.5cm

訳:Juan Jose Andrade はトゥールの聖マルティヌスに心よりの感謝をこめて板絵を奉納します。
  聖者は私にタラベラ焼の最高のデザインをお授け下さり、順調な仕事をお与えくださいました。


24cm×20cm

訳:Gazpar Calderonは脚の付け根の病に冒され、どんな薬でも治りませんでしたので
  アトチャのイエス様に祈願したところ、治癒をお約束くださり、それはみごとに果たされました。
  このレタブロを奉納して、感謝をささげます。

ブリキ絵の概略について高木さんに頂いた資料を以下に転載します。ご参照ください。

メキシコのブリキ絵イコンは、その名の通りブリキの板にペンキやアクリル
絵の具で描かれています。素地となるブリキは空きかんを伸ばしたもの、
建築資材の廃材らしきものなどさまざまで、切りっぱなしの状態です。

ブリキ絵は1860年代から現代に至る様々な時期に制作され続けてきたもの
ですが、注目したいのは1900年から1940年にかけての作品です。

この時期はラテンアメリカ地域における初の社会革命であるメキシコ革命
(1910-1940)が起きるなど、激動の時代であり、また市民階級が力を
持ってきた時代でもありました。このような背景をもとにメキシコの教会美術は、
1800年代までのスペイン様式から、民族性をよりつよく打ち出したものへと
大きく姿を変えていきます。。。中略

スペインによって伝えられたキリスト教はフィリピンを含むメキシコである
「スペイン副王領」にて広がりを見せますが、その広がりと受容は土地によって
様々な姿を見せます。フィリピンの木彫の聖像「サント」があるように、
メキシコにはブリキ絵イコンがあり、その裏にはメキシコという土地が持つ
アステカ・マヤといった先住民たちの文化が根強く残っています。

またブリキ絵には様々な図柄がありますが、どれもメキシコの人々の暮らしに
根付いた祈りとよろこびが描かれたものです。メキシコの人々の暮らしにまつわる
文化とよろこび、そしてそれが祈りに裏付けられているものであることが感じられる
と思います。

絵、文章、質感、存在そのもの、、、全てに心温まる思いがします。
お好きな方とのご縁をお待ちしています。どちらも送料込16,800円です。

スツールとブリキ絵は現品のみとなります。椅子はまだ少し在庫があります。
今日ご紹介した品はどれもオンラインショップへの掲載はいたしませんが、
ご希望でしたらどうぞお気軽にお問い合わせください。


というわけで、ごく一部ですがメキシココーナーとなっております。

尚、ブリキ絵を譲って頂いた工藝風向さんでは10日から、当店でも扱いのある
石川昌浩さんの個展が開催中です。お近くの方、是非お運びください。


素敵なDM2パターン、届けて頂きました。2パターン、いつか真似しよう…


高木さんの言葉はグッと、というよりジーンときました。これは真似できません。