石川昌浩さんの茶色・ぶどう色

石川さんは透明の硝子(といってもほのかに黄色を帯びたハチミツ色)以外に一定期間
特定の色に限定して、色硝子を制作されています。

本展示では昨年の茶色と、今年になって取り組まれたぶどう色を多めにご用意しています。


ぶどう色

どんな料理にも使いやすい、どんな器とも並べやすいと評判の石川さんの定番のかたち。
それらに色が入ってご覧のようになっています。

ぶどう色の浅鉢は「これでアイスとかシャーベット食べよう!」とお求めになられる方や、
すでに透明をお持ちの方がこの色もイイですね~と買い足してくださったり、好評です。
ちなみにこの浅鉢、ご購入の客様から出番が多いと本当に良くお聞きします。


茶色

茶色はコップ(小)とコップ(中)が多数揃っています。こちらも透明をお持ちの方が
2個目をお持ちくださいました。浅鉢(小)もまだ数が揃っています。


茶色 角扁瓶

タイトルのとおり茶色とぶどう色が多く揃っていますが、他にも少しご用意しています。


紫 角扁瓶


濃黄 ピッチャー(中)


濃黄 注口瓶

石川さんの透明は黄色味を帯びたハチミツ色ですが、濃いめに黄色が出たモノが2点あります。
画像でお伝えするのは難しいのですが、この2点は光の当たり方によって金色のように輝いて
見えることもあって、ご来店のお客様の目を惹いています。


網目丸壷(中)の紫、茶色、透明

石川さんの色硝子は無くなり次第終了、次の入荷はありません。グッときたモノがありましたら
この機会を逃さぬよう、どうぞご活用ください。

Tags:

Comments are closed.