石飛勲「カップ類、皿、鉢、碗、酒器」 II01~27

石飛勲さんの作品紹介はこの記事で完結します。
そのため詰め込み気味のタイトルになりました。
恐れ入ります。

マグカップ、面取鉢、飯碗は入ってきたばかりで在庫が豊富です。
でもいつの間にか品薄になっている、というのが毎度のことです。
お見逃しなく。

久しぶりにまとめて撮影しましたが、形がきれいで見惚れました。
画像を確認していたら写真撮るのがうまくなったような気になりました。
食卓でもいい仕事してくれるはすです。是非。

II01(11.5cm×9cm高8.5cm)、II02(11.5cm×9cm高8.5cm)
II01にズーム
II02にズーム
II03(11.5cm×9cm高8.5cm)、II04(11.5cm×9cm高8.5cm)
II03にズーム
II04にズーム
II05(11.5cm×9cm高8.5cm)、II06(11.5cm×9cm高8.5cm)
II05にズーム
II06にズーム
II07(11.5cm×9cm高8.5cm)、II08(11.5cm×9cm高8.5cm)
II07にズーム
II08にズーム

 <II01> 鎬手マグカップ その1、2,750円(2,500円+税)
 <II02> 鎬手マグカップ その2、2,750円(2,500円+税)
 <II03> 鎬手マグカップ その3、2,750円(2,500円+税)
 <II04> 鎬手マグカップ その4、2,750円(2,500円+税)
 <II05> 面取マグカップ その1、2,750円(2,500円+税)
 <II06> 面取マグカップ その2、2,750円(2,500円+税)
 <II07> 面取マグカップ その3、2,750円(2,500円+税)
 <II08> 面取マグカップ その4、2,750円(2,500円+税)

II09(径8.5cm高7cm)、II10(17.5cm×10.5cm高12cm)
II09にズーム
II10にズーム
II11(径7.5cm高8cm)、II12(径7.5cm高8cm)

 <II09> 鎬手丸湯呑、2,200円(2,000円+税)
 <II10> 鎬手ポット、7,700円(7,000円+税)
 <II11> 面取湯呑、1,980円(1,800円+税)
 <II12> 鎬手湯呑、1,980円(1,800円+税)

II13(径10.5cm高2.5cm)
II14(径16cm高3cm)
II15(径21cm高3cm)
II15にズーム
II16(径25cm高3cm)
II16にズーム
II17(径26cm高4cm)
II17にズーム
II17を横から

 <II13> 花型小皿、1,320円(1,200円+税)
 <II14> 縁鎬5寸皿、2,750円(2,500円+税)
 <II15> 縁鎬7寸皿、4,400円(4,000円+税)
 <II16> 8寸平皿、7,700円(7,000円+税)
 <II17> 花形大皿 ※ご売約御礼

II18(径11.5cm高6.5cm)、II19(径12.5cm高7cm)
II18、II19にズーム
II20(径9cm高5cm)、II21(径12cm高6cm)、II22(径17.5cm高7cm)
面取鉢3種を重ねて
II23(径22.5cm高8cm)
II23を上から

 <II18> 鎬手飯碗 小、2,200円(2,000円+税)
 <II19> 鎬手飯碗 大、2,640円(2,400円+税)
 <II20> 面取鉢 小、1,650円(1,500円+税)
 <II21> 面取鉢 中、2,750円(2,500円+税)
 <II22> 面取鉢 大、4,620円(4,200円+税)
 <II23> 縁付鉢、7,150円(6,500円+税)

II24(径7.5cm高4cm)、II25(径6.5cm高12.5cm)※完売御礼
II26(径7.5cm高4cm)、II27(径7cm高12.5cm)
徳利2種にズーム
ぐい呑み2種にズーム

 <II24> 面取ぐい呑み、2,200円(2,000円+税)
 <II25> 面取徳利、3,850円(3,500円+税) ※完売御礼
 <II26> 鎬手ぐい呑み、2,200円(2,000円+税)
 <II27> 鎬手徳利、3,850円(3,500円+税)

勲さんには依頼したままでまだ届いていないお皿があります。
入手できましたらまたご紹介させて頂きます。
尚、父上の勝久さんの作品はインスタグラムにアップしています。
そちらもご覧いただけますと幸いです。

おかげさまで思っていたより多くのご注文を頂戴しております。
誠にありがとう御座います。

やり取りに時間がかかるため、ブログのための作業時間が減ってきて進捗が遅くなっています。
なので次のブログ更新について予告するのはやめておきます。
ただこの先、安土忠久さん、垣内信哉さん、鈴木照雄さん、瀬戸本業窯、仁城逸景さん、
舩木研兒さん(工房作品含む)、湯町窯、古物の紹介が確実にあります。

ご期待頂けますと幸いです。
よろしくお願いいたします。

Tags:

Comments are closed.