「GalleryONO in objects」から、敷物いろいろ

小野さんといえばガベですが、他にも様々な敷物を扱われています。
本展にはガベ以外の敷物もいくつか届けてくださいました。
ざっくりとご紹介いたします。

OLDキリム 南イラン カシュガイ族(218cm×133cm)
ズーム
縁にズーム


こちらのキリムは 1950年頃のもので、小野さんが独立して間もない頃に仕入れたそうです。
懐かしそうに話してくださいました。

退色が見られますが真新しい状態よりもむしろ美しいのではと予感します。
縁のチリチリ、ここは使われていると徐々に取れてなくなってしまうのですが、
ご覧のとおりしっかり残っています。
状態の良さを示しています。

OLDキリム 南イラン(236cm×132cm)
縁にズーム
ボンボンにズーム

大きくてギリギリ画像に収まらず…手前は巻いた状態で恐れ入ります。
こちらは山羊の毛で織られており、硬さがあってかなり丈夫そうな印象です。
そんな強そうな印象とは裏腹に等間隔についた飾りや四隅のボンボンがかわいらしいです。
こちらもOLD、1950年前後の作です。

段通 堺(190cm×89cm)
ズーム

今回唯一の日本のものです。
海外の絨毯に憧れるも羊のいない日本では同じものを作ることが叶わず綿で作った、
それが段通だそうです。

初めて見たときはどこか日本のものらしくない印象を受けましたが、
目指していたものが海外の絨毯だったと知って妙に納得しました。

こちらは大正から昭和初期の頃に堺で作られたもので、使用されたものです。
なので毛足はくたっとしていますが、まだまだ使えそうな状態です。

ウールの敷物 チベット(158cm×90cm) ※ご売約御礼
ズーム

古いものが続きましたがこちらは現代のものです。
この手の絨毯はまだ日本であまり紹介されていないそうです。
連続した模様がかわいらしく、たくさんのお客様の目を惹いています。

どこか日本のもののような雰囲気も漂うので親近感を覚えました。
お客様もどこかで見たことあるように感じるそうで、不思議そうにご覧になられます。

ウールですが目が詰まっていません。
なのでガベとは手触りや重さが全然違っています。
軽やかです。

会期序盤の店内の様子。

まさかの事態で日本中が、というか世界中が慌ただしく落ち着きませんが、
「GalleryONO in objects」は予定通り3月1日まで開催いたします。
ご来店もお問い合わせも、心よりお待ち申し上げます。

本展に並ぶ敷物や古美術、欲しいけど高価だからと諦められてしまうことがあります。
もしもう少しで手が届きそうならば、それはちょっと残念です。
分割でお支払頂いているお客様もいらっしゃいますので、どうぞお気軽にご相談ください。

他店さんで高額なものを買ったり仕入れたりする際に分割でのお支払いをご了承くださり、
いい買い物ができたことが何度もあります。
なので当店でも同様の対応をさせて頂いております。

ちょっと背伸びしてでも、いいものをお持ち頂けたら嬉しいです。
微力ですがお手伝いさせてください。

よろしくお願いいたします。

Tags:

Comments are closed.