「佃眞吾 展」、終了しました。

佃眞吾さんの作品展が先日無事に終了いたしました。
雨が多い会期でしたが、遠くから近くからたくさんのお客様がお越しくださり賑やかでした。
心より御礼申し上げます。
ありがとう御座いました。

今回は山陰で初めての作品展ということでお客様にいろいろ見てもらえるように、
小物から家具まで幅広い作品をご用意くださいました。
佃さんの技術力とセンスをしっかりお感じ頂けたことと思います。


売り場はこれだけになりましたが、粒ぞろいです。

「他の作家さんの似た形のものを見たことあるような気がするけど、この人のは何か違うなぁ…」
とつぶやくように仰ったお客様がいらっしゃいました。
私も佃さんの作品を見始めてまだ間もない頃、同じようなことを思っていました。

作品を扱わせて頂くようになり、工房へ伺って何度かお話させて頂いて、
独立前に家具作り、刳り物、指物、どれもしっかり学ばれた木工のマルチプレイヤーであること、
美術工芸全般がお好きでよく物事をご存知なことに驚きました。
今でもモノを見たり買ったりすることがお好きなようで、探求心は絶えません。

作り手としての総合力。
それが違いとなって現れているのかもしれないと、作品を扱いながら考えるようになりました。

そんな佃さんをこれからもしっかり追いかけていきたいと思います。
次の作品展には何か働きかけてみたいという気持ちも出てきました。
ご期待頂けましたら幸いです。

本展へのお問い合わせも多数頂戴いたしました。
誠にありがとう御座います。
長期休業が迫っているため明後日までの受付となります。
どうぞよろしくお願いいたします。

Tags:

Comments are closed.