「島岡桂 展」から、急須・土瓶・按瓶

これまでに急須やポットを仕入れたことは何度かありましたが、
端正な形と目新しい模様がお客様の目を惹くようで毎回早々に旅立っていきました。
なのでインスタグラムやブログではご紹介できていなかったかもしれません。

本展にはそんな急須、後手急須(ポット)、土瓶、按瓶がたくさん届きました。
やはり今回も度々手に取られています。
店頭にあるうちにざっとご紹介いたします。


地釉縄文象嵌急須3種(3点とも16cm×14cm高11.5cm) ※右、ご売約御礼


地釉縄文象嵌急須三色2種(2点とも16cm×14cm高11.5cm)


地釉縄文象嵌急須三色2種を120度回転


地釉縄文象嵌急須三色2種をさらに120度回転


地釉縄文象嵌後手急須、灰釉縄文象嵌後手急須(20cm×12cm高16cm) ※灰釉、ご売約御礼


灰釉面取後手急須(19cm×11cm高13cm)


糠釉面取後手急須(19cm×11cm高14cm)


地釉縄文象嵌土瓶(18cm×13cm高21cm)

本展に酒器がたくさん用意されたのは当店から度々注文があったからだそうですが、
急須類が多い理由を尋ねたら「いや~作り始めたら楽しくなっちゃって」と仰いました。

この話だけだと軽いノリで作っているように思われるかもしれませんが、
どれも細部まで丁寧に作られていて安心してお客様にご紹介できるクオリティです。
道具としての裏切りはありません。

ここまで色柄豊富に揃った中からお選び頂けるのは作品展ならでは。
お家芸の縄文象嵌ではない面取のものが灰釉と糠釉とありますが、こちらも良い仕上がりです。
お好きなのがありましたら是非。


地釉縄文象嵌共手土瓶、灰釉縄文象嵌共手土瓶(ともに20cm×14cm高21cmほど)

お問い合わせを数件頂戴いたしており、嬉しく思います。
ご案内は会期終了後となりますが、ご希望は随時お伺いしております。
目に留まるものが御座いましたらどうぞご連絡ください。

尚、「島岡桂 展」会期中ですが、明日はお休みを頂きます。
お問い合わせへのお返事にもお時間頂戴することと思います。
ご了承くださいませ。

店内にはまだまだたくさんの作品が並んでいます。
28日以降も期待してご来店ください。

よろしくお願いいたします。

Tags:

Comments are closed.