「島岡桂 展」から、縄文象嵌実演


実演中の桂さん

今回の作品展が決まった時、桂さんの方から縄文象嵌の実演を提案してくださいました。
お客様に体験して頂くことも可能とのことで、それは是非にと即決でお願いしました。

桂さんは「接客が下手だから在店中は店の片隅でずっと実演しててもいいくらいです。」なんて
仰っていましたが、手を動かしながら上手に説明してくださり、皆さま目から鱗のご様子でした。
楽しんで頂けたことと思います。

画像もたくさん撮ったことだし、せっかくですのでブログにも残します。
いろいろな模様がありますがここでは「矢羽」と呼ばれるものでご紹介します。

・縄文模様を施す

まずは縄を胎土に押し付けるようにして転がします。
ただ単にコロコロ転がして跡をつけるのではなくバランスを取りながら施します。

尚、今回はデモンストレーションですので陶土を板状にしたものを使っています。
そのため縄文模様を施すのはコツは要るのだろうけど、わりと簡単な作業のように見えました。

ですがお皿やカップに施す際は縄を当てた圧で形が崩れないよう裏側や内側に手を当てて施します。
徳利などは中に手を入れられないので、圧に耐えられるよう厚めに成形しておきます。
そんなふうに作品の場合は勝手が違うし、いろいろな工夫がされていることも伝えしておきます。

・違う成分の土でコーティング

先ほどの縄文模様を施したものを成分の違う(=発色の違う)土で覆います。
べったりと覆うのではなく刷毛で塗り重ねて薄っすらと覆います。

今回はこのコーティングする土に白、飴、赤、青に発色する土が使われています。
さらには釉薬も使い分けるのでカラーバリエーションはとても豊富です。

・削り

削りが強すぎると覆った土の効果が弱まり、弱過ぎると縄文模様が華奢になってしまいます。
作品の表情に大きく作用するこの作業もけっこう重要です。

しっかり縄文の方向に合わせて一定の加減で削らないと模様にムラが出ます。
体験させて頂いたのですが、完成を急いで雑に削った個所は桂さんにあっけなく指摘されました。

最後に釉薬をかけ、それを焼いたら下のお皿のようになります。


地釉縄文象嵌皿7寸(径21cm高3.5cm)

実演を目の前で見るほど分かりやすくはないですが、ご参考になりましたら幸いです。

こういった催しは当店にとって初めてのことでした。
いろいろと至らないこと、お気付きになられたことがあっただろうと思います。
ご指摘など御座いましたら遠慮なくお伝え頂けますと幸いです。

今日で桂さんの在店は終わりましたが、「島岡桂 展」は始まったばかりです。
ふだん使いのうつわから遊び心に溢れたオブジェ的な作品まで、たくさん並んでいます。

ご来店を心よりお待ちしております。

Tags:

Comments are closed.