「島岡桂 展」、明日からです。

島岡桂さんの作品展がいよいよ明日からです。
準備が整いました。

桂さんには開店当初からお付き合い頂いてますが、作品展は初めてです。
震災があったり、距離が遠かったり、いろいろあって時間がかかってしまいました。
でもいつか必ず開催したいと思っていましたし、待ち望んでくださるお客様もいらっしゃいました。
この度の機会を心から嬉しく思います。


店内の様子

お皿や鉢、カップ類といったふだん使いの品々は豊富に揃っています。
ここには写っていませんが酒器の多さは事前にお知らせしておきたい点です。

土瓶、急須、ポット、花器、蓋物、脚付きの器といった作品も多く並びました。
桂さんの作品の多くには縄文象嵌という時間と手のかかる技法が用いられていますが、
パーツが複数あるものや特徴的な造形をしたものなど、輪をかけて手間を要する仕事が実に多く、
作るのが好きなんだなぁとしみじみ思いました。


レジカウンター裏の棚にもたくさん。

464点の作品が届き、店内は桂さんの作品で埋め尽くされました。
レジカウンター後ろの棚にもストックがぎっしり置いてあります。
見比べたい方はお気軽にお申し付けください。

23日、24日は下記のとおり縄文象嵌の実演があります。
先着順で体験もできますのでお気軽にご参加ください。

作品展ならではの品揃え、イベント、お楽しみいただけますと幸いです。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。


DM


縄文象嵌や刷毛で施された模様が目に愉しく印象的な桂さんの作品ですが、
使っていると模様は思いのほか静かで料理をしっかり引き立ててくれること、
轆轤や型で起こした形がそもそも美しいこと、に気付かされます。

ものづくりが好きだという桂さんの美意識や茶目っ気、実験的な好奇心、
それらが長年培ってきた技術に支えられ、結果優れたうつわでありながら
美的感覚を刺激してくる作品となって姿しているのだと思います。

当店でも山陰でも初の個展、店内いっぱいに並べてお待ちしております。
ぜひお出かけください。

■製作実演

・23日(土)14時~、16時~
・24日(日)14時~、16時~

会期初日と二日目は島岡桂さんが在店し、縄文象嵌の実演をしてくださいます。
模様ができる様子をぜひご覧ください。尚、嬉しいことに桂さんよりご提案があり、
実演の際にお客様が作業を体験できる時間も設けることになりました。
ご希望の方は多少汚れることを想定したお洋服をご用意の上、ご来店ください。

会期 2018年 6月23日(土) ~ 7月2日(月) ※27日(水)はお休みします
   営業時間 11:00~19:00

Tags:

Comments are closed.