「前野直史 展」から、型物

最終日はだいたいブログを更新しないのですが、
前野さんがいろいろ送ってくださったので今回はやります。
今日は型物をご紹介します。


花弁皿10灰釉(径10.5cm高1.5cm)、花弁皿14灰釉(径14cm高1.8cm)


花弁皿10呉洲(径10.5cm高1.5cm)、花弁皿14呉洲(径14cm高1.8cm)


角皿9灰釉(8.8cm×8.8cm高1.5cm)、角皿13灰釉(13cm×13cm高2cm)


角皿9呉洲(8.8cm×8.8cm高1.5cm)、角皿13呉洲(13cm×13cm高2cm)


花弁菱皿(ともに22cm×18cm高1.8cm)


花弁菱鉢(ともに21.5cm×18cm高3.5cm)


角皿18(ともに18cm×18cm高3cm)


灰釉にズーム


呉須にズーム

灰釉も呉須も色の出方が様々です。
今日ご紹介している作品で見比べてもお分かり頂けるかと思いますが、
同じ灰釉でも点々と暗いところがあったり一定の色味だったりしますし、
呉須は色味そのものが違っていたりします。

どの調子でもきれいですが、お好みがあるかと思います。
ご購入にあたって選ばれる際は当店であっても他店さんであっても、
在庫を出してもらって見比べることをお薦めいたします。


角鉢19×14(ともに19.5cm×14cm高3.2cm)


角鉢15灰釉(14cm×14cm高3cm)、角鉢21灰釉(20.5cm×20.5cm高5cm)


角鉢15呉洲(14cm×14cm高3cm)、角鉢21呉洲(20.5cm×20.5cm高5cm)


花弁鉢25灰釉(径25.5cm高5cm)


花弁鉢25呉洲(径25.5cm高5cm)

型物の作品について「不人気だけど思い入れがあるので」と前野さんは仰います。
そういえば当店でも扱いは少なめかもしれません。
ただ不人気だと言いつつ前より種類が増えていることに気持ちの確かさを感じます。

売れる売れないはともかく自分の仕事として決めたことを続けてみる、
という姿勢にも共感いたします。
こうしてまとめてご紹介できる機会を嬉しく思います。


花弁鉢飴釉25(径25.5cm高5cm)


ズーム

「前野直史 展」は今日で終了しました。
たくさんのご来店、お問い合わせに心より御礼申し上げます。
ありがとう御座いました。

会期は終わりましたがすこしのあいだ作品を当店でお預かりいたします。
ご検討中のものがおありのお客様、もう少し悩めます。
じっくり考えてお気持ちお決まりになりましたらどうぞご連絡ください。

明日か明後日、今回の「前野直史 展」最後のブログを更新します。
土瓶のご紹介を予定しています。

よろしくお願いいたします。

Tags:

Comments are closed.