「前野直史 展」から、櫛描


白掛櫛目湯呑(径8cm高9cm、径7.5cm高8cm、桂8.5cm高9cm)


白掛櫛目碗(径11.2cm高5.7cm、径11.5cm高6.5cm)

櫛でささっと描くだけと言ってしまえばそれまでですが、
模様を入れる場所のちょっとしたバランスや筆致の強弱、決して簡単ではないと思います。

そんな櫛描きも最近は唐津の古作などを参考に力を入れて取り組んでいるそうです。
本展には湯呑やお椀、お皿といった気兼ねなくふだん使いできるものが並びました。
どれも軽やかです。


白掛櫛目浅鉢7寸 その1(径21.5cm高4.5cm) ※左、ご売約御礼


白掛櫛目浅鉢7寸 その2(径21.5cm高4.5cm)


白掛櫛目浅鉢8寸 その1(径24cm高5.5cm)


白掛櫛目浅鉢8寸 その2(径24cm高5.5cm)

浅鉢の7寸か8寸を会期が終わってから自家用にと思っています。
櫛描に様々なリズムがあるので選ぶのが楽しみです。

大きな鉢も並びました。
どれも白の繊細さと大物ならではのダイナミックな景色を備え、抜群の存在感です。
無地だったとしても美しかったであろう白の質感もお見逃しなく。


白掛櫛目鉢 切立(径32cm高6.5cm)


ズーム


白掛櫛目大鉢 その1(径31cm高8cm)


ズーム


横から


白掛櫛目大鉢 その2(径35.5cm高9.5cm)


ズーム


横から


側面は指描き

きれいに焼けても降り物がたくさんあっても、それぞれに美しいです。
どれも使ってよし飾ってよし、大きな鉢をお探しの方には強くお薦めいたします。

「前野直史 展」、明日から後半戦です。
すでにお問い合わせを数件頂戴しております。
誠にありがとう御座います。

ご購入対応は22日の営業終了後、お声の早かった方から順番にご案内となります。
目に留まるものが御座いましたらcontactページよりどうぞお問い合わせください。

よろしくお願いいたします。

Tags:

Comments are closed.