「HPE 展」明日からです。


糞掃布

もうできないと思っていたHPEの展示会が明日から始まります。
機会を与えてくださった谷さんに心から感謝申し上げます。

谷さんはラオスからはるばるやって来て、3日間も在店してくださいます。
HPEの布はもちろんですが、谷さんとの時間もお楽しみいただけましたら幸いです。
製品のこと、村の暮らしのこと、いろいろお聞きになられてください。


クッション。当店では初めてのご紹介です。

展示会の時はだいたい作り手側に出品物を委ねるのですが今回は当店の選り好みです。
なので良くも悪くも、非常に偏った品揃えです。

どうしても当店の好きなHPE製品ということになりますので、
今までにご紹介したことがあるようなものが多いとお感じになられるかもしれません。
陳列を終えた店内を見渡してみると、やはり目新しいものは少なめです。
(少しはあるんです。)

ただ生地の質感、色味、刺繍の面白さ、当店なりにしっかり選んで参りました。
心からお薦めできるものばかりです。
皆さまの目に留まるものがありましたらたいへん嬉しく思います。

それと、これを売り文句にするつもりはないけれど事実なので述べさせて頂きますが、
生産数がぐんと減った今、これだけの数量を見れるのはやはり特別な機会です。
手に取って、この布の魅力をしっかりお感じ頂きたいです。


MITTANのシャツ。こちらはサンプルです。

それから今回は特別企画としてHPEの布でシャツやワンピースを仕立てられる受注会も開催します。
MITTANさんの強力バックアップに心から感謝申し上げます。

オーダーに使える生地は種類・量ともに限りがあります。
お目当てのお客様はお早めのご来店をお薦めいたします。

尚、オーダーの受付は22日は12時から、23日は11時からになります。
予めご了承くださいませ。

久しぶりの「HPE 展」、皆さまと楽しむことができましたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。


DM

ラオスの山岳地帯に暮らす人々が家族のために作る布に惚れ込み、彼らと仕事
をすることを選んだ谷さん。村人たちの暮らしにも資本主義の波が押し寄せ、
布作りにとって状況はより困難になっていきますが、彼らと布を作り上げること
への情熱は変わらないようで、「できなくなるまで、やる。」のだそうです。

本展ではそんな谷さん率いるHPEの製品を紹介するのですが、HPEの布をシャツや
ワンピースに仕立てる受注会も同時に開催いたします。ご協力くださるのはMITTAN。
「現代の民族服」を作るブランドで、デザイナーの三谷さんはHPEの布に惚れ込み
現地に駆けつけるなどかなりの熱の入り様で、生地の特徴・良さは糸から理解して
いらっしゃいます。

今作られていることが奇跡のような、手仕事の本来的な姿をした布の数々を、
様々な形で楽しんで頂けましたら幸いです。

お忙しい中、お二人とも下記の日程で在店してくださいます。
どうぞお出かけください。

◆HPE主宰,谷由起子さん在店日 22日、23日、24日
◆MITTANデザイナー,三谷武さん在店日 22日、23日

会期 2017年9月22日(金) ~ 9月26日(火)
   営業時間 11:00~19:00

Tags:

Comments are closed.