「森山窯 展」から、平皿


白釉平皿8寸(径24.5㎝高3cm) ※完売御礼


平皿の裏


リムの裏にズーム

この溝には今まで気が付かなかった、という方が多いのではないでしょうか。
私もこの春まで助手をしていた中嶋さんから聞いて知りました。
一昨年の「森山窯 展」の会期中に来てくださり、お昼をご一緒した時のことです。

中嶋さんは、言われないと気が付かないような、ささやかだけど効果的な工夫、
きっと使いやすくするためなのだろうと思われる決まり事はこの溝以外にもいくつかあって、
使う人への心配りと、そのためのひと手間を惜しまない師匠の姿勢に心打たれた、
というようなことも話してくれました。

本展のDMにどういう画像を使おうかと考えていた時にふとこの時の話を思い出し、
平皿の裏に溝を彫る手元を撮らせて頂くことにした次第です。

森山さんの器をお使いのお客様から、森山さんの器はなぜだか手になじむ、
手に持った時にしっくりくる、そのせいか自然とよく使う、という感想をたびたび耳にします。
その理由がひとつ分かった気がしました。

というわけで前置きが長くなりましたが、今回は平皿からご紹介いたします。


鉄絵平皿6寸(径18.5cm高2.5cm)、7.5寸(径22.5cm高3cm) ※2サイズとも完売御礼


白輪抜平皿7.5寸(径22.5cm高3cm)、8.5寸(径25.5㎝高3cm) ※2サイズとも完売御礼


白流し平皿8寸(径24.5cm高2.5cm) ※完売御礼


呉須平皿7寸(径22cm高2.5cm)、8寸(径24cm高3cm) ※2サイズとも完売御礼


瑠璃釉平皿7寸(径22cm高2.5cm)8寸(径25cm高3cm)

これまでにも度々ご紹介してきましたが、これだけ色柄豊富に並んだことはありません。
しかも在庫も多めです。
お好きなものがありましたらこの機会をぜひご活用ください。

尚、本展でご紹介するお品物につきましては通販対応開始を7月3日からとさせて頂きます。
ほかのお客様のご希望との兼ね合いにより、ご返信が遅くなる可能性も御座います。
予めご了承くださいませ。

森山さんご夫妻は明日は終日、明後日は夕方頃まで在店してくださる予定です。
森山窯の器のことで疑問に思っていること、気になることがあればお聞きになられてください。
もしかしたら絶妙なひと手間かもしれません。

皆さまのご来店を心よりお待ち申し上げます。

Tags:

Comments are closed.