「古いモノ 展」から、出西窯・湯町窯

出品物のご紹介を進めている「古いモノ 展」、今日から開催です。

年に一度のこの企画展、おかげさまで今年で4回目になりました。
今回は会期が短いですが出品のボリュームは今までと変わりません。
どうぞよろしくお願いいたします。

ブログやインスタグラムをご覧頂いたお客様からお問い合わせを数件頂戴いたしました。
誠にありがとう御座います。
お返事に少々お時間かかる場合も御座いますが、必ず返信しますのでお待ちくださいませ。

今日は常設でも扱っている出西窯・湯町窯のものをご紹介いたします。

湯町窯は大正11年、出西窯は昭和22年の創業、長く続いている窯元です。
松江市内だけでも古作に出会うことが度々あって、
どちらも数をたくさん作っていること、しっかり地元に根付いていることがよく分かります。

20160825_1
スリップウェア7.5寸皿、径23cm高2.8cm。 ※完売御礼

20160825_2
スリップウェア8.5寸皿、径26cm高3cm。

20160825_3
線彫虎図皿、径23.5cm高4.7cm。 ※ご売約御礼

20160825_4
線彫花図灰皿、径19cm高4cm。

20160825_5
めずらしく印あり。

20160825_6
ピッチャー海鼠釉、19cm×16cm高24.5cm。 ※ご売約御礼

20160825_7
指描き大鉢海鼠釉、径45.5cm高9cm。 ※ご売約御礼

スリップウェア8寸皿はなんと4年連続でのご紹介となりました。
同じ大きさ、模様のものがこんなに集まってくれるとは嬉しいご縁です。
9寸のものは初めてのご紹介になります。
9点ありますので数が必要でしたらどうぞお申し付けください。

線彫の2点は先代の貴士さんによるものです。
先日、現窯主の琇士さんにお見せしたら後継の庸介さんを呼ばれ、お二人とも興味深そうでした。
湯町窯の絵心遺伝子は庸介さんにもしっかり残っているので配り手として頼もしく思います。

最後の大鉢は大きさと思い切りのよい指描き、とても迫力があります。
ただ同時にどこか落ち着きも感じます。
色のムラや形の歪みが少ないからでしょうか。

琇士さんの個人の名前のある共箱付です。

・出西窯

20160825_8
縁押紋角鉢7寸海鼠釉、22cm×22cm高4cm。

20160825_9
縁押紋角鉢9寸灰釉、27.5cm×27㎝高5cm。 ※ご売約御礼

20160825_10
ズーム

20160825_11
型おこし7.5寸皿海鼠釉、径23.5cm高2cm。

20160825_12
縁櫛描6寸鉢、径18cm高6cm。 ※ご売約御礼

20160825_13
マグカップ、11.5cm×9cm高11.2cm。 ※ご売約御礼

20160825_14
灰釉ピッチャー、16.5cm×15.5cm高21.5cm。

20160825_15
灰落とし、10.5cm×8.2cm高5.5cm。

20160825_16
三彩角蓋物、10.5cm×10cm高8cm。 ※ご売約御礼

20160825_17
蓋にズーム

角鉢や型おこしの7.5寸皿、灰落とし、蓋物、、、今では見かけなくなりました。
ここ数年、型物をあまりされなくなりましたが当店としてはしつこくお願いしています。
ただ手間がかかるので需要が見えないと取り掛かりにくい仕事だという実情もあります。
お客様からも後押し頂けますと幸いです。

マグカップと6寸鉢は陰山善市さんの作になります。
陰山さんは若いときの作品を見ると元気が出ると仰います。
こちらをお見せしたときもたいへん喜ばれました。

型物は海鼠釉の縁押紋角鉢7寸以外は多々納弘光さんの作になります。

湯町窯も出西窯も、今もたくさんの良品を作る窯元です。
メディアへの露出も多くお好きな方が年々増えているように思います。
一昔前にこんなものも作っていた、ということも知って頂けたら嬉しいです。

明日も何かご紹介いたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

Tags: , ,

Comments are closed.