「村島順 展」から、酒器

村島さんの製作のほとんどは急須類ですが酒器も作られます。
酒器の評判がいい作り手さんはたいがいよく呑む方なのですが、村島さんはあまり呑まれません。
それでも呑兵衛の皆さまにたいへんご好評頂いております。

4日間にわたる窯焚き、その時に降りかかる薪の灰がもたらす景色や造形の面白さだけでなく、
急須やポットなどと同じく使い勝手への気配りがされているからでしょうか。

ざっとご紹介いたします。

20151015_1
蔓付き酒器(14) 11.5cm×10.6cm、高11cm(胴体のみ)

20151015_2
蓋止め酒器(9) 16.3cm×10.9cm、高9.6cm(蓋は含みません)

20151015_3
徳利 左から、(68) 径8cm高11.8cm ※ご売約御礼 (67)径8.3cm高12.4cm

20151015_4
口付徳利(29) 9cm×7.7cm、高13.2cm

どれもけっこうな量が入ります。ご使用の際はどうぞお気を付けください。
ちなみに今日ご紹介の酒器だけでなく、急須やポットなどもすぐに容量をお調べできます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

20151015_5
ぐい呑み 左から径7.5cm高4cm、径6.6cm高4.5cm、径7.2cm高4.8cm ※すべてご売約御礼

20151015_6
ぐい呑みの内側

酒器をまとめてご紹介できるのは作品展ならではです。
気に入って頂けるものが御座いましたら是非この機会をご活用ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

Tags:

Comments are closed.