出西窯、森山ロクロ工作所の新着

出雲も近いのですが、お二組からは久しぶりの新着となりました。
まずは出西窯の品々からご紹介します。

20150428_1
丸深鉢6寸外焼〆内飴(径18.6cm高8.8cm)

20150428_2
飯碗 小(2点ともに径12cm高6cm)

20150428_3
ズーム

20150428_4
丸深皿6.5寸(径19.5cm高5cm)、7寸(径21.5cm高5.5cm)

20150428_5
ズーム

20150428_6
丸深皿7寸白(径21.5cm高5.5cm)

20150428_7
ズーム

20150428_8
ポット(20cm×12cm、高12.2cm)

20150428_9
切立湯呑(2点ともに径8cm高6.5cm)

相変わらず窯元に伺ってもタイミングが悪いと少ししか品物がない出西窯。
先月お訪ねした時は直前に同業の方が来てたくさん買われた後でがっかりしていましたが、
きれいなかたち、好みの色味のものがあったのでそれらを持ち帰りました。

丸深鉢の飴色は明る過ぎない落ち着いた調子で、外の焼締めは美味しそうです。

丸深皿の黒釉は登り窯での焼成ならではの、ぬらっとした柚子肌。
良い上がりです。

切立湯呑の白は飯碗と丸深皿とは違って貫入のない柔らかい感じで惹かれました。
画像でも言葉でもうまく表現できません。ご来店の際にじっくりご覧くださいませ。

といわけで種類は多くありませんが粒ぞろい。
今ならどれも在庫が充実しています。

続いて森山ロクロ工作所の新着です。

20150428_10
七味入れ(径5.7cm高9.3cm)

古作の復刻の七味入れは久しぶりに入荷しました。
今日現在、在庫は2点ですがまた入ります。

20150428_11
左:4寸茶托(径12cm高2.5cm) 右:民芸型茶托(径13.5cm高2.8cm)

左の4寸茶托は再入荷、右の民芸型は初の入荷です。

20150428_12
4寸茶托に湯町窯の海鼠釉面取り湯呑(径7cm高6cm)。

小さめの湯呑なら何でも合います。

20150428_13
民芸型茶托に上江洲茂生さんの刷毛目湯呑(径8cm高8.5cm)。

大きめの湯呑にはこちらをぜひ。

20150428_14
パン切り台(径32cm高3.5cm)

20150428_15
真上から

パン切り台は石飛勝久さんに頼まれて作ったとのことです。
この大きさと重さがあるおかげで使い勝手はとてもよいです。

パン切り台の在庫は現状1点ですがこちらも注文しましたので後日追加があります。
ご希望でしたらぜひともご予約ください。

以上、出雲からの新着品です。
明日は森山窯の新着をご紹介します。

どうぞよろしくお願いいたします。

Tags:

Comments are closed.