「村田森 展」から、小品

20141219_1
小壷2種(高4.9cm、6.3cm)

20141219_2
ズーム

20141219_3
薬味入れ2種(ともに径5.5cm高3.5cm)

20141219_4
パカッ

20141219_5
蓋にズーム

「小さきものは、みなうつくし」なんてフレーズがありますが、
小品には使う機会のあるなしには関係なくグッときてしまう方が多いようで、
手にとってニコニコしながらご覧になるお客様がたくさんおられます。

村田さんの小品はその小ささに染付の絵の可愛らしさが相まって、
さらに皆さまを困らせています。

20141219_6
染付振出 その1 (高6.7cm、6.2cm)

20141219_7
ズーム

20141219_8
瑠璃釉振出 (高6.7cm、8.3cm)

20141219_9
ズーム

20141219_10
染付振出 その2 (高7.4cm、7.9cm)

20141219_12
90度回転

20141219_13
180度回転

20141219_14
270度回転

20141219_15
それぞれ蓋はこんな感じです。

振出は金平糖や甘納豆などを入れる茶道具です。
お茶をされない人にはあまりピンとこないものかもしれませんが、
見た瞬間キュンときてしまったために、悩む人続出です。

あまりにもグッときたなら使いたいように使って頂ければと思いますし、
身近に置いて愉しい、ただそれだけの買い物もたまにはいいもんです。

20141219_16
香合(径4cm高3.3cm)

20141219_17
横から

20141219_18
蓋にズーム

画像からでも可愛らしさが伝わるかと思います。
ご来店の際はぜひ手にとって、じっくり眺めてください。

ところで村田さんは来年から年の半分を日本、もう半分を韓国で過ごされます。
憧れていた韓国の土を使って、韓国に設けた工房での作陶が始まります。

「やってみないと分からない事だらけ」と村田さんは仰いました。
作品展については無責任に受けられないのでまずは適切なペースを探るため、
来年はかなり回数を減らすそうです。

本展は村田さんの山陰初個展となりましたが、次回はいつお願いできるのか、
今後の常設展示で作品がどの程度ご覧頂けるのか、見当がつきません。

こういうことはお客様を煽るようなので気が進みませんが会期は残り4日、
やっぱりお好きな方や興味がある方には今見て頂かないとと思い綴りました。

どうぞお見逃しなく。

Tags:

Comments are closed.