「盛永省治・菊地流架 展」から、真鍮の器

菊地さんはカトラリーだけでなく器もいくつか作られています。
本展のために制作してくださったものも、定番でされているものも並びました。
ざっとご紹介いたします。

20141023_1
平皿3寸(径12cm)、5.5寸(径16.5cm)、尺(径30cm)

平皿はこの3サイズと、7寸(径21cm)もあります。
本展には届きませんでしたがご用意できます。ご希望でしたらお申し付けください。

20141023_2
左が菊地さんの私物、右は新品。

菊地さんがご自宅で使い込んだ平皿3寸を持ってきてくださいました。
3年以上は使ったとのことです。

20141023_3
長皿(22.5cm×11cm高1.3cm)

20141023_4
リム皿(径21cm高3cm) ※ご売約済み

リム皿はこの大きさを中心に、大小作って頂くことになりました。
ご紹介できるのは少し先になるかと思いますが、どうぞご期待ください。

20141023_5
ボウル(径13.5cm高5cm)

20141023_6
10角ボウル(径18.5cm高5.5cm)

20141023_7
大鉢(径33.5cm高7.5cm)

20141023_8
ズーム

20141023_9
片口2種(左:14.5cm×12.5cm高5.5cm、右:16cm×13cm高6cm)

20141023_10
片口2種にズーム。左は拭き漆、右は蜜蝋仕上げ。

真鍮のお皿やお碗を食卓に取り入れている方はそう多くないと思います。
私自身、カトラリーはいくつか使っていますが、食器類はまだ持っていません。

会期が終わったら、気になっているものがあるので持ち帰ってみようと思います。
今使っている器と違和感なく食卓に並んでくれそうな気がします。
真鍮の器のあるとどんな感じになるのか、楽しみです。

20141023_11
5.5寸皿(径16cm高3cm)にエアプランツ

ところで先日、カトラリーを紹介した記事で「今日ご紹介したカトラリーはすべて通販対応いたします。」
とお伝えしましたが、盛永さんの作品も含め、会期中はすべてが通販対応可能です。

目に留まったものが御座いましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

Tags:

Comments are closed.