「盛永省治・菊地流架 展」から、カトラリー

本展では菊地さんが定番として作っているカトラリーを全種類ご用意しています。
常設でもいくつかご紹介してきましたが、さすがに全部という訳にはいきませんでした。
ぜひこの機会に手に取ってお確かめください。

20141020_1
スプーン大(19cm)、小(13.5cm)

20141020_2
上からデザートスプーン(18cm)、アイスクリームスプーン(13.5cm)、ティースプーン(12.8cm)

20141020_3
木の柄スプーン(17cm)

20141020_4
上からスッカラ(22cm)、カレースプーン(18.5cm)

20141020_7
左が新品、右は菊地さんがご自宅で3年使用。

真鍮は使っていくうちに表面に酸化膜が張り、表情が変わっていきます。
この酸化膜によって金属独特のにおいが軽減されます。

上の画像、右のスプーンのような表情になってきたらもうにおいは気になりません。
新品の時のような表情がお好きでしたら、お酢で洗ったり、クレンザーで磨いたり、
スチールたわしで磨くときれいになります。

また長い間使わずにいると緑青がふくことがありますが、
その時は薄めたお酢に一晩漬けて、真鍮ブラシで磨いて頂くことをおすすめします。

20141020_8
左からシュガースプーン(13cm)、コーヒーサーバー(14cm)、ティーサーバー(7.5cm)

20141020_9
サーバー(21.5cm)、一枚板サーバー(23cm)

20141020_10
おたま小(19.5cm)、大(27cm)

20141020_11
鍋おたま、鍋おたま穴あき(ともに25cm)

20141020_5
スポーク(17cm)

最後にご紹介のスポークのみ、手仕事ではなく型を作って量産している工業製品です。
こういった品も今後増やしていくそうです。菊地さんの新たな試み、どうぞご注目ください。

ちなみに1本からお求め頂けますが、5本セットだと奥のような留め具が付きます。

今日ご紹介したカトラリーはすべて通販対応いたします。
この機会を是非ご活用ください。品切れやご希望の数に足りない場合でもご予約を承ります。
お気軽にご相談頂けますと幸いです。

Tags:

Comments are closed.