Archive for the ‘個展・企画展’ Category

「HPE 展」明日からです。

木曜日, 9月 21st, 2017


糞掃布

もうできないと思っていたHPEの展示会が明日から始まります。
機会を与えてくださった谷さんに心から感謝申し上げます。

谷さんはラオスからはるばるやって来て、3日間も在店してくださいます。
HPEの布はもちろんですが、谷さんとの時間もお楽しみいただけましたら幸いです。
製品のこと、村の暮らしのこと、いろいろお聞きになられてください。


クッション。当店では初めてのご紹介です。

展示会の時はだいたい作り手側に出品物を委ねるのですが今回は当店の選り好みです。
なので良くも悪くも、非常に偏った品揃えです。

どうしても当店の好きなHPE製品ということになりますので、
今までにご紹介したことがあるようなものが多いとお感じになられるかもしれません。
陳列を終えた店内を見渡してみると、やはり目新しいものは少なめです。
(少しはあるんです。)

ただ生地の質感、色味、刺繍の面白さ、当店なりにしっかり選んで参りました。
心からお薦めできるものばかりです。
皆さまの目に留まるものがありましたらたいへん嬉しく思います。

それと、これを売り文句にするつもりはないけれど事実なので述べさせて頂きますが、
生産数がぐんと減った今、これだけの数量を見れるのはやはり特別な機会です。
手に取って、この布の魅力をしっかりお感じ頂きたいです。


MITTANのシャツ。こちらはサンプルです。

それから今回は特別企画としてHPEの布でシャツやワンピースを仕立てられる受注会も開催します。
MITTANさんの強力バックアップに心から感謝申し上げます。

オーダーに使える生地は種類・量ともに限りがあります。
お目当てのお客様はお早めのご来店をお薦めいたします。

尚、オーダーの受付は22日は12時から、23日は11時からになります。
予めご了承くださいませ。

久しぶりの「HPE 展」、皆さまと楽しむことができましたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。


DM

ラオスの山岳地帯に暮らす人々が家族のために作る布に惚れ込み、彼らと仕事
をすることを選んだ谷さん。村人たちの暮らしにも資本主義の波が押し寄せ、
布作りにとって状況はより困難になっていきますが、彼らと布を作り上げること
への情熱は変わらないようで、「できなくなるまで、やる。」のだそうです。

本展ではそんな谷さん率いるHPEの製品を紹介するのですが、HPEの布をシャツや
ワンピースに仕立てる受注会も同時に開催いたします。ご協力くださるのはMITTAN。
「現代の民族服」を作るブランドで、デザイナーの三谷さんはHPEの布に惚れ込み
現地に駆けつけるなどかなりの熱の入り様で、生地の特徴・良さは糸から理解して
いらっしゃいます。

今作られていることが奇跡のような、手仕事の本来的な姿をした布の数々を、
様々な形で楽しんで頂けましたら幸いです。

お忙しい中、お二人とも下記の日程で在店してくださいます。
どうぞお出かけください。

◆HPE主宰,谷由起子さん在店日 22日、23日、24日
◆MITTANデザイナー,三谷武さん在店日 22日、23日

会期 2017年9月22日(金) ~ 9月26日(火)
   営業時間 11:00~19:00

4日(月)~21日(木)お休みいたします。

日曜日, 9月 3rd, 2017


「咖喱と古民藝」

タイトルのとおり、明日から長いお休みを頂きます。
ご来店をご検討くださいましたお客様にはご不便をおかけしまして誠に恐れ入ります。

9日から中目黒のSMLさんで開催される「咖喱と古民藝」に間に合うよう車で東京を目指します。
その往復には仕入れや今後の展示会の相談をしに作り手さんを訪ねて回ります。
古いものも売れそうな分、売れた分だけ仕入れちゃうと思います。

「咖喱と古民藝」では初日と二日目にお店に立たせて頂きます。
美味しい咖喱も食べれますし、初日は齋藤十郎さん、松崎修くんに会えるので楽しみです。

詳しくは こちらのSMLさんのブログ記事 をご覧ください。

たくさんのお客様にお目にかかれますと幸いです。
ご来店を心よりお待ち申し上げます。


使い込んだバッグの上に、使い込んだ豆敷。(すべて私物。販売不可。)

休業明けの22日からは「HPE 展」です。
嬉しいことに今回はMITTANさんがご協力くださり、
HPEの布でシャツやワンピースなどを仕立てる受注会を開催できることになりました。

 会期:2017年9月22日(金)~26日(火)
◆HPE主宰,谷由起子さん在店日 22日、23日、24日
◆MITTANデザイナー,三谷武さん在店日 22日、23日

MITTANホームページ → http://mittan.asia/

生産数が減り続けている今、HPEの展示会をさせて頂けることに驚き、喜んでおります。
MITTANさんの強力なバックアップも叶い、気持ちはかなり昂っています。
お忙しいお二人がこれだけしっかり在店してくださるというのも奇跡的です。

尚、「HPE 展」は強行日程で行うためDMの完成が遅くなる見込みですし、
DMは無しということも考えられます。

そうなったとしても情報はしっかり行き渡るよう、ブログやSNSに情報をアップしていきます。
ご期待くださいませ。

それでは安全運転で行って参ります。

「古いモノ 展」から、いろいろ

火曜日, 8月 8th, 2017

「古いモノ 展」は本日で閉会いたしました。
ただでさえ短い会期に猛暑と台風がやってきて、お出かけには厳しい天候が続きました。
そんな中ですが楽しみにしていたと仰るお客様がいらっしゃったのは嬉しく、
とても励みになりました。心から感謝申し上げます。

ブログが一回だけというのもなんだか寂しいのでSNSに掲載済みのものになりますが、
引き続き店内に並べるものと、中目黒のSMLで来月開催される「咖喱と古民藝」にも送るものから、
いくつかご紹介させて頂きます。

・小さなもの


陶器製玩具


茶器セット


ミニチュアうつわ3種

子供のおままごとの玩具や、お雛様の飾りでもこういったものがあるそうです。
急須と片口は水がちゃんと通ります。
こんなものでも隅々まで手仕事で丁寧に作られていて、グッときました。

河井寛次郎さんがおままごと用に作られたこの手の陶器を見たとき、
作り手の苦労や真心に感心するあまり目に涙を滲ませ、
それを見た娘さんがたいそう驚いた、という話が思い出されます。

・沖縄の古陶


嘉瓶(高19.3cm)※ご売約御礼、渡名喜瓶(高15cm)、渡名喜瓶(高20.2cm)


細首瓶、褐釉瓶、褐釉瓶


マカイ、径12.5cm高6.3cm

渡名喜瓶の右は口縁がすべて直しです。
近くで見ても気が付かない人が多いほど自然な、良い直しです。
適当な直しならしていない方がいい、なんて思いますがこのクオリティならありがたいです。

マカイはよく見るイッチンで描かれた唐草ではなく、
判然としませんが釉薬で描かれているかもしれない、という変わった一品です。
何はともあれ、いい姿です。

・古民藝


奥:筒描鈴徳利(牛ノ戸焼)、手前左から:鉄絵徳利(石見焼)、徳利(石見焼)


片口(平清水焼)


片口(瀬戸焼)


壷(小代焼)、壷(二川焼)、甕(堤焼)

古さはいろいろですが、どれも昔の暮らし、先人の息遣いを感じるような品々です。
どれも日用品ですが大きなダメージはなく、何かに使って頂けるようなコンディションです。

・ヨーロッパのもの


スリップウェア鉢(ドイツ)、径18cm高6.3cm。


楕円ボウル(フランス)、21.5cm×17.5cm高8cm。


鉢(ドイツ)、径21.5cm高7.5cm。

今日ご紹介のお品物はすべて通販対応可能です。
気になるものが御座いましたら、お気軽にお問い合わせください。

本展の出品物としてインスタグラムにアップした中に、
今度の「咖喱と古民藝」にも出品するものがいくつか御座います。
それらにはハッシュタグ #咖喱と古民藝2017 を追記しました。

「咖喱と古民藝」への出品物は明日以降、少しずつご紹介していきます。
ご期待頂けますと幸いです。

この後は9月の長期休業前まで常設が続きます。
ここ数日の間に安土忠久さん、安部太一さん、照屋佳信さん、から新着がありました。
11日から店頭に並べます。

ブログでもいくつかご紹介できたらと思います。
どうぞご期待ください。

「古いモノ 展」から、仏花器など

土曜日, 8月 5th, 2017

「古いモノ 展」は昨日から始まりました。
ここ連日は猛暑につき、お店に辿り着くのもやっとの思い、かと存じます。
ご来店の際はゆっくりクールダウンしながらご覧ください。

会期が短いのでブログも2・3回になるかと思いますが、お付き合いいただけますと幸いです。
今日は今回バリエーションの多い仏花器の類を中心にご紹介いたします。


仏花器いろいろ


香立ていろいろ

仏花器、香立て、大きな徳利…
DMにも綴りましたがこれらは今の暮らしには馴染みのないものになりつつあります。
なのでちゃんと見てもらえるのか、実に心配でした。

それが思いのほか多くの方が手に取ってくださり、どういうモノなのかを聞いてくださり、
ご興味お持ち頂けてとても嬉しく思います。

仏花器はお仏壇や仏間で花を供えるための道具です。
ですからお住まいにそういう場所があればそのとおりに使って頂けたらと思います。

ただサイズと雰囲気が合えば、香立てや徳利などを仏花器に見立ててもいいですし、
仏花器をただの花器として楽しむのもいいものです。


仏花器(能野焼)


仏花器(九州民窯)


嘉瓶(壷屋) ※ご売約御礼


仏花器(成島焼)


香立て(喜阿弥焼) ※ご売約御礼


仏花器残欠(産地不明)


瓶子(壷屋) ※ご売約御礼

こういうものをいくつも並べた時の重厚な雰囲気も好きですし、
花を挿したときの凛とした、軽さのある美しさもまた好きです。

残欠は完品だったら…なんて思いを馳せるも楽しいものです。
こういうのが並ぶのも本展ならではです。


仏花器、香立て、酒器いろいろ

明日の営業終了時からお問い合わせへの対応を開始いたします。
ブログやインスタグラムに気になるものが御座いましたら、
CONTACTページ よりお気軽にお問い合わせください。

明日か明後日にブログで何かご紹介できたらと思っています。
インスタグラムは明日も明後日も必ず更新いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

4日から「古いモノ 展」です。

火曜日, 8月 1st, 2017

松江も7月に入ってから暑い日が続いております。
こんな時季だから硝子の展示なんてできたら涼しげで気持ちいいのですが…
こってりした企画展、「古いモノ 展」が4日から始まります。

会期は五日間とこれまでに比べて短くなりますが、
これまでと同等かそれ以上の物量になりましたので内容は濃ゆいです。
ご期待ください。

今回はブログでの商品紹介は少なめにして、主にSNSでお品物をご紹介していきます。
気になるものがありましたらどうぞお問い合わせください。
尚、6日(日)まではご来店のお客様が優先となりますのでご了承くださいませ。

それから4日~6日は松江の夏祭「水郷祭」が開催されます。
5日は目玉となる湖上花火大会がありますのでたいへん賑わいます。
遠方からお車で来られるお客様におかれましては、交通規制や渋滞にお気を付けください。
花火終了後の渋滞はすさまじいので特にご注意ください。

どうぞよろしくお願いいたします。


DM

年に一度の恒例行事となった「古いモノ 展」を今年も開催いたします。
これまでと同じく大家の作品から名もなき工人が作った雑器や量産品まで、
さまざまご紹介いたします。

なかでも仏花器や花立ては多めに並びます。
この手のものは今の暮らしから姿を消しつつありますが見捨てられない美しさを感じますし、
亡き人に花を手向けるための道具という存在にも心惹かれ、いろいろ集めてきました。

また今回は同業者や友人に出品をお願いしました。
皆さまご快諾くださり、当店では扱いの少ない海外の古民藝なども並べられることになりました。

いい意味で節操のない、幅広い品揃えが叶いました。
それだけに多くのお客様に楽しんで頂けることと思います。

どうぞお出かけください。

会期 2017年 8月4日(金) ~ 8日(火)
   営業時間 11:00~19:00