Archive for the ‘個展・企画展’ Category

「古いモノ 展」より、買える出雲民藝館

土曜日, 6月 15th, 2019

出雲民藝館には主に山陰で作られ、使われていたものが展示されています。
現在の暮らしからは無くなりつつあるものや無くなったものも多いのですが、
この辺ではそれらが当たり前のように身近にあり使われていたのだから、
美しい暮らしぶりだったのだろうとしみじみ思います。

そんな民藝館の所蔵品と同手のものや、同等のものがいくつか集まりました。
まずは西館に展示されている出雲大津焼からご紹介いたします。

コンロ ※ご売約御礼
焙烙 ※ご売約御礼
炭壷(径25cm高28cm)

出雲大津焼は意識して探していますがなかなか巡り合えません。
直火で使われるものは特に傷むため、やがては捨てられる消耗品だったようです。
なので状態が良いものは極めて少なく、探し始めて5年ほどで入手できたのはこの3点です。

コンロは奇跡的に未使用のものが手に入りました。
ただ時間が経って土が変質し、火にかけると壊れる可能性が高いです。
もしどこかで見つけられても実用は避けることをお薦めいたします。

出雲民藝館西館奥にある出雲大津焼の展示が好きだという方は意外に多く、
今回3点だけでしたがお売りする機会を設けることができてよかったです。
これからも探し続けます。

梅紋舟徳利(径14.7cm高15.2cm)
緑釉碗(径12cm高6.2cm)、緑釉ぼてぼて茶碗(径11.5cm高7.8cm)
緑釉徳利(径17.5cm高20cm)

布志名焼もいろいろ集まりました。
上の4点は特に古手でぼてぼて茶碗は明治頃、それ以外は江戸後期のものになります。

緑釉碗は非常に珍しいものじゃないかと思います。
出雲民藝館の蔵品とこれしか見たことがありません。
浅学なだけでしたら恐れ入ります。

石見焼3種 ※3点ともご売約。ありがとう御座います。
石見焼 柿釉佛花器(2点とも径10cm高14.8cm)
花立て2種 左:石見焼、右:喜阿弥焼(径9.5cm高14cm)※左、ご売約御礼
大東焼 耳付壷(径13.8cm高17cm)

島根の民窯も揃いました。
たくさん作られていたものだけど、これだ!というのは探してもなかなか見つかりません。
やっと見つかったと思っても安い(から儲からない)、状態が悪いこともしばしば、
と売り手泣かせです。

でも見つけた時の喜び、満足度は大きいです。
少ないけどとても喜んでくださるお客様がいるからかもしれません。

ちなみに上にご紹介したものは嬉しいことにどれも状態が良いです。
お好きな方、お薦めいたします。

舩木道忠、小品3点(足付盃:径4.8cm、高6cm)
舩木研兒、押紋皿(径22cm高3cm)
河井寛次郎、呉須灰具 共箱(16.5cm×13.5cm高4.5cm)

島根にゆかりのある、民藝を愛した作家の作品もいくつか並んでいます。

舩木道忠さん、研兒さんの作品はまとめて手に入れる機会に恵まれ、
本展の前から少しずつ店頭に並べていました。
すべて未使用です。
お好きな方にお楽しみいただけましたら幸いです。

河井寛次郎さんの灰皿は床の間に置いてもまったく霞むことのない存在感、圧巻です。
そしてご本人の箱書きがある共箱にも惹かれます。
晩年の箱書きは文字が踊っていますがこれはまだ小躍りといったところでしょうか。

そば碗(径15.5cm高6cm)

この碗はおそらく布志名あたりで大量に作られ、使われていたものだろうと思います。
なんでもない雑器中の雑器ですが、出雲民藝館に展示されるものとして相応しいと思いました。
この手の所蔵品はないようですので、この2点を寄託できればと考えています。
類品を探しながらこの碗についてしっかり調べていきたいと思います。

今回の「古いモノ 展」、ブログの更新は以上で終了となります。
たった2つの記事となりましが、その分インスタグラムを頻繁に更新しました。
是非ご覧ください。

会期は明後日17日(月)まで、いよいよあと二日となりました。
店内を広く使って古物をご覧頂ける機会はまたしばらく先になります。
この機会にぜひご来店ください。

よろしくお願いいたします。

「古いモノ 展」より、無地の皿・鉢

金曜日, 6月 14th, 2019

DMにも綴ったとおり、今回は無地の皿と鉢を意識して集めました。
そして取り留めなく集めていたものの中に出雲民藝館の蔵品と同手のものや、
蔵品として相応しいものがたくさん見られました。

今回の「古いモノ 展」のブログではそれらの品々をご紹介させて頂きます。
それ以外の出品物につきましては Instagram に多数アップしています。
そちらをご覧いただけますようお願いいたします。

6寸皿、径18cm高4.2cm。( 統制陶器 、益子)

7寸深皿、径21.2cm高5cm。(母里窯、島根)

柿釉行灯皿、径22cm高2.3cm。(瀬戸)
尺皿、径31.5cm高8cm。(堤焼、仙台)
黄釉深鉢、26cm×24.5cm高8.5cm。(布志名焼、島根)

使い込まれていたり、作られる時の細工が大雑把だったり、窯が影響したり、
無地とはいえどれも景色があります。
本来無地とはただ単に一色の無機質なものでなく、こういったものなのだろうと思います。

無地だからか、どれもかたちがしっかり目に入ってきます。
どれも冴えていて、職人の腕の良さを思います。

レッドウェア皿、径22.2cm高4cm。(アメリカ)
飴釉皿、径31cm高3.5cm。(フランス)
黄釉鉢、径25cm高6.5cm。(北フランス)

海外の無地もやはりは味わい深いものがたくさんありました。
特にレッドウェア皿とフランスの鉢はオーブン料理に使われるなど、
柔らかい火にかけらることもあったようで経年変化が激しいです。

傷みと味わいは同居することが多いです。
出品物には道具としてまだまだ使えるものが割合的には多いのですが、
美しさを基準に集めているのでもうお役御免だろうというものもいくつかあります。
ただ今回、後者も案外好評なのは嬉しい誤算です。


特大おろし皿(日本、産地不明) ※ご売約御礼
レシュフリット、41.5cm×24.5cm高5.8cm。(フランス) ※ご売約御礼

上の2点はそれぞれの国の食文化が生み出したお皿です。
あくまで無地縛りなのでこういう変わり種も揃いました。

おろし皿は説明不要かと思います。
ただこちらは特大で、計測し忘れていましたが径25cmほどはあったと思います。
何をおろしていたのか…謎です。

レシュフリットは肉汁受け皿です。
肉を焼くときに出る肉汁をこれで受け、別の料理に使ったりしたそうです。
実際にそうやって使うのは難しいでしょうが使い込まれた質感はとても美しく、
大きな鉢として食卓に出てきたら素敵だろうなと思って仕入れました。

レッドウェア皿2種(アメリカ) ※2点ともご売約済。

「古いモノ 展」は17日月曜日までです。
初日のお昼過ぎまでは当店にしてはかなり賑やかで、忙しくさせて頂きました。
誠にありがとう御座います。

お問い合わせも数件頂戴しており嬉しい限りです。
ご来店優先の二日間を終えてからは通販希望のお客様にもバンバン対応しております。
ドシドシお問い合わせください。

明日か明後日に「買える出雲民藝館」と題して出品物のご紹介をします。
お時間御座いましたら是非ご覧くださいませ。
よろしくお願いいたします。


「古いモノ 展」、明日からです。

金曜日, 6月 7th, 2019
店内の様子

集めてきた古いものを店内いっぱいに並べました。
やはり新しいものも古いものも楽しい、大好きです。
お客様と楽しみながら過ごせたら嬉しいです。

昨年の秋頃から古いものの仕入れのペースがかなり上がりました。
なので本展では店中を古物で埋められるかもしれないと思っていました。
が、少し足りませんでした。

店の奥には仁城逸景さん、石川昌浩さん、森山窯の品物も並んでいます。
あわせてご覧頂ければと思います。

無地の皿、鉢。

ちなみに当店はセールはやらない方針ですが、
古物に関しては長く在庫したものを値下げすることがあります。
前から気になっているものがある、というお客様、あり得ますよ。
値札をチェックしてみてください。

反対に値上がりすることもあります。
早く買えばよかったと思わせてしまったら恐れ入ります。

明日はお天気は冴えませんが、気温が下がって過ごしやすくなるようです。
ぜひお出かけください。お待ちしております。

会期中のブログはゆるく更新します。
インスタグラム は一日3ポストを目標に投稿します。
ご覧頂けますと幸いです。

尚、最初の二日間は店頭販売のみ、
お問い合わせへの対応は9日の営業終了後からとなります。

よろしくお願いいたします。

DM

ここ2・3年、常設で古道具や古美術品をご紹介する機会が増えてきました。
当店を古物も扱っている店だと認識してくださるお客様も少しずつ増えており、
まだまだ未熟ではありますが、開業前に思い描いていた姿に近付けたような
気がしております。ありがとう御座います。

扱う品数が増えてきたせいか、最近では仕入れた品々を眺めているとそこに
一つのテーマが浮かび上がってくる、ということが度々起きるようになりました。
本展には「買える出雲民藝館」というコーナーとなって出現します。

「無地の皿・鉢」をまとめて並べたいと思って仕入れていたらそれなりの数が
まとまりました。同業の方々との繋がりが太くなったおかげで意識的な収集も
前よりずっとしやすくなったようです。こちらも場所を設けて展示いたします。

全体としてはいつもどおり、国内外の古いモノ、取り留めなく様々です。
いろいろあり過ぎるのでInstagramで会期前から出品物のご紹介を始めています。
ID:objects_jp、もしくはタグ#古いモノ展2019 をご覧頂けましたら幸いです。

皆さまのご来店、お問い合わせを心よりお待ちしております。

会期 2019年 6月8日(土)~ 17日(月) 営業時間 11:00~19:00
※12日(水)、13日(木)はお休みします。

「齋藤十郎 展」盛会御礼と今後の予定。

木曜日, 4月 25th, 2019
十郎さんとKARLY禅で昼食。

齋藤十郎さんの個展が22日で終了しました。
たくさんのご来店、お問い合わせに心から感謝申し上げます。
ありがとう御座いました。

特に十郎さんがいた二日間は忙しく、お客様の熱気をビシビシ感じました。
十郎さんも励みになったと言ってくださり感無量でした。
重ねて感謝申し上げます。

お近くのKARLY禅さんでは会期前から十郎さんの作品をお店の器として使って頂きました。
十郎さんのカレー皿が使えるのを楽しみにしてくださったお客様がいて嬉しかったですし、
イベントのことをご存知ないお客様でも十郎作品を楽しんでくださった方は多かったと聞いて、
尚嬉しく思いました。

そして十郎さん在店の二日間は画像のように両日ともKARLY禅さんでお昼を食べたのですが、
たくさんの方が器を使っている光景を十郎さんと眺めるのも愉快でした。

こんな企画をノリノリで受けてくださったKARLY禅さん、
そして十郎作品を惜しみなく貸してくださったSMLさんにもあらためまして御礼申し上げます。

イッチンの湯呑とご飯茶碗

今回は初めての個展でしたので、今の仕事をしっかり見せて頂けるようお願いしました。
ブログでご紹介した技法の作品が多く届きましたので、今の仕事ということになるかと思います。

ただ画像のイッチンは今回わずかな点数でしたので即品切れしましたし、
線彫り、デルフト写しなど、今回は並ばなかった作品もいろいろあります。
これからまた増えるだろうとも思います。

また2年後に個展のお約束をしてくださいましたので、
その時はこちらからリクエストや提案をして、十郎さんを刺激したいと思います。
良い働きかけができるよう努めて参ります。

ゴールデンスリップウェア@SML

さて今週末からはこちらのイベントに、古いもので参加させて頂きます。
今度はここで十郎さんとご一緒です。
出品者には当店での扱いもある前野直史さんや仲良くして頂いている作り手さんばかりで、
ご一緒させて頂けることを嬉しく思います。

先ほどSMLディレクターの宇野さんとメッセージでやり取りしていたら、
「売場面積を増やしたのに収まらない」状況だそうです。
きっと皆さん力作を揃えていることでしょうから、質・量ともに凄そうです。
古いものも頑張ってますので一緒に楽しんで頂けましたら幸いです。

当店からはレッドウェア、舩木道忠作品、舩木研兒作品を送りました。
インスタグラムにすべてアップしてあります のでご参考になさってください。

ゴールデンウィークに備えて当店の店内もてんこ盛りにしました。
これからインスタグラムにいろいろ投稿していきますのでご覧頂けましたら幸いです。
尚、10連休中の休業日は1日(水)、2日(木)です。

よろしくお願いいたします。

「齋藤十郎 展」より、いろいろ

土曜日, 4月 20th, 2019
灰釉ボウル3種(径11.5cm高6cm、径13.5cm高6.8cm、径18cm高6.3cm)
上から
焼締めの外側も降りかかった灰の影響で表情が様々です。
飴釉ボウル3種(径11cm高6.5cm、径14cm高6.8cm、径18.5cm高6.5cm)
こちらもバラつきのある色の出方。
飴釉縁合わせ皿6寸、7寸、8寸 ※8寸、完売
(径18.5cm高3.5cm、径21.5cm高4.5cm、径24.5cm高5cm)
置土の跡もリズムのある景色に

十郎さんの作品は模様が印象的で、そのイメージが先行していることと思いますが、
無地や掛分といったシンプルな意匠のものも表情豊かで味わい深く、実に好いです。

作品展に並べてもほとんど反応がないから無地のものを作らなかった時期さえあったそうですが、
本展にはいろいろお送りくださいました。
十郎さんが「それけっこう自信作です」と仰るものもあって見逃せません。

お客様もこちらが促すまでもなく手に取ってご覧くださっていて嬉しい限りです。
簡単なお料理、凝ったお料理、選びませんので安心してお選びください。

灰釉掛分飯碗、飴釉掛分飯碗(ともに径12.5cm高6.5cm) ※飴、完売
飴釉掛分マグカップ3種
(10.5cm×8cm高9cm、11.2cm×8.5cm高8.3cm、11.5cm×9cm高10cm)
灰釉掛分湯呑(径8cm高9cm )、
灰釉掛分マグカップ2種(11.5cm×8.7cm高10cm)※左、ご売約
灰釉掛分ポット、飴釉掛分土瓶
(18cm×11cm高11.5cm、17.5cm×13.5cm高22.8cm)

何てことなさそうに見えてけっこうバランス感覚が問われる掛分はいろいろなパターンがあります。
どれも形に対して気持ちよく収まっていて軽やかです。

ちなみに今日ご紹介している作品はすべてロクロで成形されたものです。
十郎さんは水引きしたあとに削って形を整えることがほぼないそうで、
そのため作品には手跡が強めに残っていたり、ぽてっとした感じものが多くみられます。

十郎さんの作品に感じる「ゆるさ」はここにもあるような気がします。

縁合わせ鉢(径15.8cm高5.5cm)
ズーム

今日ご紹介したものをあらためて並べて見てみると、
下積み時代にしっかり数をこなした作り手が適切な素材を使って形をこしらえ、
薪の窯で焼けばいい無地の器が成り立つことを思わされます。
こうして言葉にすると簡単すぎて申し訳ない気もいたしますが…

そして無地がいい作り手はやはり信用できるなと思います。
模様のあるうつわが活き活きできる土台がある、という証明のように思えるのです。

「齋藤十郎 展」のブログ更新は今日で終わりますが、会期は22日(月)までです。
作品展ならではのスケールで、いいものたくさん並んでいます。
お時間ございましたらぜひお出かけください。

お問い合わせもCONTACTページより、 遠慮なくお寄せください。
よろしくお願いいたします。