Archive for the ‘個展・企画展’ Category

「筒・板・箱」あと2日です。

日曜日, 12月 2nd, 2018

企画展「筒・板・箱」、いろんな意味でドキドキしながら始まりました。
こんな偏った内容の企画でも楽しみにしてくださっていたお客様がいらっしゃり、
心底安心しましたし、喜びました。
ありがとう御座いました。

最初に予定していた会期を変更したため来れなくなってしまった、というお声もありました。
誠に申し訳ございませんでした。心からお詫び申し上げます。

この企画展を知らずに来たお客様、期待外れでしたら誠に恐れ入ります。
これはこれで面白いじゃんと言ってくださるお客様がいらっしゃり、励まされました。
ありがとう御座いました。

あと2日やります。
お付き合いいただけましたら幸いです。


初日開店直前の店内

本展でご紹介しているものに他所からお預かりしているものはなく、すべて当店の在庫です。
なので会が終わってからも売約にならなかったものは引き続き当店で販売します。

そんな都合もあって会期は短く設定しました。
そしてその短い会期中に記事をまとめるのも難しいため、今回はブログでの商品紹介は省略します。

そのかわり instagram でできるだけ丁寧にご紹介しています。
会期終了後も今回から店に並べ始めたものには #筒板箱 のタグを付けてアップしていきます。
ぜひご覧ください。

スマートフォンをお使いでない方は コチラ にお進みください。
instagramにアップした画像をパソコンからご覧いただけます。


筒いろいろ


板いろいろ


箱いろいろ

こんなマニアックな内容ですがお問い合わせくださったお客様もいらっしゃり、嬉しく思います。
誠にありがとう御座います。

いつもどおり会期中は店頭販売のみとなりますが、通販のご希望はお聞きしております。
会期が終わりましたら早くにお声を頂いた方から順にご案内させて頂きます。
目に留まるものがありましたらどうぞお問い合わせください。

ご来店もお問い合わせもお待ちしております。
よろしくお願いいたします。

30日から企画展「筒・板・箱」です。

火曜日, 11月 27th, 2018

タイトルのとおり筒と板と箱を紹介いたします。
4年ほど前に思い付き、じっくり用意してきました。

と言えたらカッコいいのですが…
実際のところは集めようと思ってもそう簡単に集められなかったし、
こんな企画展に人が来るのだろうかと思い止まりそうにもなったし、
品揃えと気持ちの準備に4年かかってしまった、4年かけないとできなかった、
といったところです。

ただやっぱり筒と板と箱は新しいモノにも古いモノにも好きなものが多く、
集めるのも愉しいので自然と探し続けました。

こういう偏った企画展がお客様にどう受け止められるかは分かりませんが、
取り組むことが店にとっていいリズムになるのだろうと思えるようにもなりました。

出品物を眺めていたら、それなりに面白みのある内容になったような気になれました。
ご一緒に愉しんで頂けましたら幸甚に存じます。
よろしくお願いいたします。


DM

「筒」 筆筒、花入れ、さや(窯道具)、漆桶、蜂蜜入れ など
「板」 まな板、作業板、スケートボードのデッキ、机の天板、水車板 など
「箱」 道具箱、弁当箱、硯箱、衣装箱、煙草入れ など

筒も板も箱も作者の意図した用途や、本来的な使われ方こそあるものの、
どんな役割が与えられるかは所有者の見立て次第です。
何かに使える、何かに使えちゃう、といったものがとても多いのです。

そんな用においての曖昧さ・懐の広さと、モノとしての存在感に惹かれ、
新旧・国内外の品々を集めてきました。

商品について「これは何に使うものですか?」と質問されることが多々あります。
ただ本展ではこちらがお求めくださったお客様に「それを何に使いますか?」と
何度も聞いてしまいそうです。

暮らしに役立つもの、役立たないけど愉しいもの、見つけて頂けましたら幸いです。
ご来店を心よりお待ちしております。

会期 2018年 11月30日(金)~ 12月4日(火) 
営業時間 11:00~19:00 

「筒・板・箱」、会期を変更します。

木曜日, 11月 8th, 2018

企画展「筒・板・箱」は11月23日(金)~11月27日(火)を予定していましたが、
11月30日(金)~12月4日(火)に会期を変更いたします。
心待ちにしてくださっているお客様には心よりお詫び申し上げます。

品物は十分だと思えるほど集めました。
体調も復調いたしました。
これからしっかり準備して参りますので、何卒よろしくお願いいたします。

「佃眞吾 展」、終了しました。

日曜日, 9月 23rd, 2018

佃眞吾さんの作品展が先日無事に終了いたしました。
雨が多い会期でしたが、遠くから近くからたくさんのお客様がお越しくださり賑やかでした。
心より御礼申し上げます。
ありがとう御座いました。

今回は山陰で初めての作品展ということでお客様にいろいろ見てもらえるように、
小物から家具まで幅広い作品をご用意くださいました。
佃さんの技術力とセンスをしっかりお感じ頂けたことと思います。


売り場はこれだけになりましたが、粒ぞろいです。

「他の作家さんの似た形のものを見たことあるような気がするけど、この人のは何か違うなぁ…」
とつぶやくように仰ったお客様がいらっしゃいました。
私も佃さんの作品を見始めてまだ間もない頃、同じようなことを思っていました。

作品を扱わせて頂くようになり、工房へ伺って何度かお話させて頂いて、
独立前に家具作り、刳り物、指物、どれもしっかり学ばれた木工のマルチプレイヤーであること、
美術工芸全般がお好きでよく物事をご存知なことに驚きました。
今でもモノを見たり買ったりすることがお好きなようで、探求心は絶えません。

作り手としての総合力。
それが違いとなって現れているのかもしれないと、作品を扱いながら考えるようになりました。

そんな佃さんをこれからもしっかり追いかけていきたいと思います。
次の作品展には何か働きかけてみたいという気持ちも出てきました。
ご期待頂けましたら幸いです。

本展へのお問い合わせも多数頂戴いたしました。
誠にありがとう御座います。
長期休業が迫っているため明後日までの受付となります。
どうぞよろしくお願いいたします。

「佃眞吾 展」より、いろいろ

月曜日, 9月 17th, 2018


欅 茶托 拭漆 小2種(ともに11.5cmっ×11.5cm高1.5cm) ※隅切、完売御礼


栗 茶托 中(12cm×12cm高1.5cm)、栗 茶托 大(13cm×13cm高1.5cm) ※大、完売御礼


4枚を重ねて

拭漆の茶托はこれまでにもブログやSNSで何度かご紹介してきました。
和菓子をのせるお皿にしてもとても使い良く、ご好評いただいております。

今回は栗材で無塗装のものも並びました。
こちらは和菓子にも洋菓子にも、何なら駄菓子に使っても応えてくれそうです。
新品ですがすこし色味がくすんでいていい感じです。

拭漆と塗りなしの栗材はサイズがすこし違っています。
数字で見ても重ねて見てもほんのわずかな違いに思えますが、
実物を見ると使用感にはけっこう影響してきそうな違いに感じます。

しっかりご検討ください。


mokki Ⅱ 小(23cm×18.5cm高2.5cm)


mokki Ⅱ 中(36cm×18.5cm高2.5cm)


mokki Ⅱ 大(30cm×24cm高2.5cm)


このカーブや肉付きも丁寧な削りです。

北欧の学校で使われていた器をヒントにできたデザインだと聞きました。
そういえばどことなく日本ぽくない形です。

こういうシンプルなものほど技術と精度に驚きますが、
そのシンプルさゆえに見た目のインパクトがなくてお客様には理解されにくかったように思います。

ただ私共のプレゼンの弱さにも関わらずお求め頂いたお客様がいらっしゃいました。
使ってみたらディティールにこだわりが感じられて感激した、とお伝え頂けたのは嬉しかったです。
我が家でもそう思って日々使っています。本当に。


栗 盛器(59.5cm×24cm高4.5cm)


ななめから

このサーフボードのような大きな盛器、持ってみると案外軽くてびっくりしました。
お料理がたくさん載ることになるでしょうから持ち運びを考えるとちょうど良さそうです。
こんな器にどっさり盛り付けた料理が出てきたら愉しいだろうなぁと思います。

そしてこんなものを作るのも、愉しかったんじゃないかなと思います。
今度佃さんに聞いてみようと思います。


ズーム

「佃眞吾 展」、いよいよ明日で最終日です。
今日は先日ブログでご紹介したお厨子を見て気になったというお客様が、
買えないだろうけど一目見てみたくて来ました、と言って来てくださいました。
ありがとう御座いました。

本展は山陰で初めての佃さんの作品展です。
ご購入に至らなくても、まずはそういう経験をして頂ければ私共としては嬉しく思います。
明日もお待ちしております。

お問い合わせのお客様へのご案内は明日の営業終了後から順次開始いたします。
私は買うものを決めました。
お気持ちがお決まりのものが御座いましたらどうぞご連絡ください。

よろしくお願いいたします。