「舩木研兒 展」@出雲民藝館

2017年3月22日 水曜日


ポスター


会場内の様子

17日より出雲民藝館で「舩木研兒 展」が始まりました。

出雲民藝協会会員として私も展示する作品をお借りしに伺ったり、
年代確認のために舩木窯を訪ねたりと深く関わらせて頂きました。

展示物はおもに島根県内にお住まいの方々がお持ちのものです。
ご家庭でふだん使いされているものから図録に載るような立派な作品、
特注品につき作品として世に出ていなかったものまで、さまざま並びました。

集まってくる品々を見ていて、良い展示になりそうな手応えを感じていました。
そんな中、現窯主の舩木伸児さんに「これは見応えありますよ。」
と言って頂けたのは励みになり、手応えが確信になりました。

会期が始まって早々にご来場くださったお客様の反応もすこぶる良く、
これからお出かけされる方々にも自信を持ってお薦めする次第です。


「航海日記 1967 オリアナ号にて渡英」


航海初日の日記より


スケッチ

上の図録は研兒さんが船でイギリスに渡った時の日記をまとめた書籍で、
駒場の日本民藝館で販売されていたこともあったそうです。
この度、舩木窯に残っていた最後の在庫を出雲民藝館で販売できることになりました。

研兒さんの人柄が感じられる日記と味わい深いスケッチ、たまりません。
税込3,800円、お好きな方にはこれ以上ないお土産になるかと存じます。

尚、長期保存された新古品につき反りやカバーの変色が所々に見られますが、
中はきれいです。

出雲民藝館で販売していますのでどうぞお求めください。
※ご購入のお問い合わせは出雲民藝館サイト内 こちらのページ からお寄せください。


熱心に見入るお客様とスリップウェア実演中の小島さん。


リクエストに応えて河童の絵を。


たくさん描いてくださいました。

18日は長崎で作陶されている小島鉄平さんによるスリップウェアの実演がありました。
皆さんとても熱心にご覧くださり、小島さんも楽しかったと仰っていました。
たくさんのご来場、誠にありがとう御座いました。

来月は舩木伸児さんをお迎えしてのトークショーが開催されます。
ご都合よろしければ是非こちらにもお運びください。

■ギャラリートーク「舩木研兒の人と仕事」

 [日時] 4月29日(土・祝)14:00~15:00
 [ゲスト] 舩木伸児(布志名焼舩木窯 当主)、井上一(出西窯 陶工)
 [会場] 出雲民藝館 本館
 [料金] 無料

尚、会期中の本館は「舩木研兒 展」、西館は常設のままです。

西館にはあの河井寛次郎さんがハイヤーで出西窯に行く途中に見かけ、
その形の美しさに感動してわざわざ車を停めさせて買い求めたという釣り鐘型の手あぶりなど、
出雲大津で作られていた黒陶が多数ご覧いただけます。

売店は島根の作り手さんのものを中心にご用意しております。
スリップウェア実演をしてくださった小島さんの作品も並んでいます。
お立ち寄りいただけますと幸いです。


湯町窯のスリップウェアいろいろ

というわけで出雲民藝館は5月28日まで、特別展ならではの楽しみ方をして頂けることと存じます。
ご来館の際はどうぞ隅々までご堪能ください。

よろしくお願いいたします。

「岡山県民芸振興社 松江支店」、盛会御礼。

2017年2月24日 金曜日

お天気に恵まれない日が続きましたが、
おかげさまで「岡山県民芸振興社 松江支店」は盛況のうちに終了いたしました。
お足元の悪い中ご来店くださったお客様に心から感謝申し上げます。
ありがとう御座いました。

岡山から駆けつけ、商品について丁寧に説明してくださった岡山県民芸振興社代表の仁科さん、
無理して来なくていいと言ったのに長野から涼しい顔してやってきた大久保夫妻にも感謝感謝です。

岡山民芸振興社さんは「くらしのギャラリー」を岡山と阪急うめだ本店内に構え、
デパートなどでの催事を取り仕切るなど、ビジネスの規模が当店とはまったく違います。
今回もそのお力をお借りして、ふだん当店では扱っていない方々のものを並べることができました。
当店のような小さなお店のこういう企画展を引き受けてくださり、ありがたい限りです。

かなり充実したラインナップでしたので、お客様が楽しそうにしてくださり嬉しく思いました。
私たちも扱っていないけどいいなぁと思っているものと過ごすことができ、楽しい時間でした。


店内の様子

さて明日からしばらく常設が続きます。
新しく入荷したものなどもちらほらありますので隅々までご覧ください。

尚、25日はお近くのYUTTEさんでのトークショーに呼ばれていますのでちょっと早仕舞い、
17時に閉店いたします。
直前のお知らせになりまして恐れ入りますが、お間違えのないようお願い申し上げます。

「岡山県民芸振興社 松江支店」はまた再来年にできればと思っていますし、
仁科さんがさらにパワーアップして臨みたい、と仰ってくれています。
2年後にもどうぞご期待ください。

「岡山県民芸振興社 松江支店」から、いろいろ

2017年2月18日 土曜日


編組品いろいろ

並べる場所がうまく確保できず、高いところに置いてあります。
ご覧になりたい場合は遠慮なくお申し付けください。

手前のかごは拙宅でくず入れに使っています。
ささやかですがこういうものが暮らしの中に清々しさを運んでくれるのを感じます。


なばかご3種。

こちらは昨年の日本民藝館展で日本民藝協会賞を受賞しました。
熊本の工藝きくちさんの指導と、作り手の城戸さんのご尽力の成果かと思います。
美しいかたちで作りもしっかりしています。


米澤ほうき工房のほうき2種。

ほうきもろこし、という植物を栽培するところから監修されているそうです。
かつては当たり前だったものを今やることの大変さ、ありがたさを思います。

畳の上で使った人は皆さん病みつきだそうです。
大きな和室があるお宅にお渡しできればと思います。


美作めんつの曲げわっぱ各種。

かつて山仕事をするきこりが愛用していた弁当箱を美作では「めんつ」と呼んだそうです。
この手のものは常設で扱いませんが、やはりいいものです。
白木と拭漆からお選びいただけます。


いかご ブックトート、21cm×13cm高35cm(持ち手含まず)


いかご 浅底 小、33cm×16.5cm高24m(持ち手含まず)


暖簾 七宝結び、120cm×108cm

須浪亨商店のいかごバッグは出雲民藝館の売店に並べています。
ただし今回入荷したものは売店でご紹介したことのない形のものです。
お客様のリクエストがしっかり反映された使いやすそうな形です。

七宝結びの暖簾は縁起よく、お店の開店祝いにも良さそうです。


干支の張り子いろいろ。


琉球張り子いろいろ。


おもしろ張り子キット、説明書。


おもしろ張り子キット、中身。

豊永盛人さんの張り子は前回同様ご好評いただいております。
干支とクラシカルな琉球張り子、どちらも店内を賑やかにしてくれます。

今回は自分で絵付けができるキットが届きました。
これは子供さんが喜ぶでしょうし、大人も楽しいに違いありません。
ご家族・ご友人とぜひ。


くらしのギャラリー手ぬぐい。販売しております。

以上、昨日までにアップできなかったものをまとめてご紹介させて頂きました。

早いもので「岡山県民芸振興社 松江支店」いよいよ明日が最終日です。
ブログの更新は今回が最後になりますが、明日もインスタグラムでは何かしらご紹介いたします。
ご覧いただけますと幸いです。

お問い合わせも連日頂戴しており、誠に嬉しく思います。
ありがとう御座います。

在庫があるものは即ご購入可能です。
お気持ちお決まりのものが御座いましたらどうぞお早めにご連絡ください。

よろしくお願いいたします。

「岡山県民芸振興社 松江支店」から、陶磁器

2017年2月17日 金曜日

陶磁器も当店で扱いのない作り手さんのものがたくさん届きました。
今日はその中から5組の作品をご紹介いたします。

全体的にスリップウェアが多めですが石川雅一さんや河井一喜さんのような静かな仕事もあって、
売場にはいい感じにリズムが生まれました。

当店にはない雰囲気のものばかりなので新鮮な気持ちで並べています。
お客様の食卓に、お気持ちに合うものを見つけて頂けたら幸いです。

・石川雅一さん

粉引点紋小鉢(径9.8cm高7.6cm)、粉引丸小々鉢(径10.7cm高5.4cm)、刷毛目椀(径13.6cm高8cm)


粉引端反り小鉢(径14.5cm高3.8cm)


粉引扁壷(高18.7cm)

石川さんには東京のべにや民芸店さんでお会いしたことがありました。
もう5年くらい前になりますが訪ねた時にちょうど個展の在廊中で、
すこしお話をさせて頂きました。

会場になんだか親しみを感じる器が多いなぁと思って眺めていたら、
私の母がずっと昔に益子で買ったのが石川さんの小鉢だったことが判りました。
今回こういう形で置かせて頂くになり、また縁を感じました。

尚、粉引のうつわは使用前に米のとぎ汁に浸けるか、煮沸してからお使いください。

・井上尚之さん

マグカップ白3種


マグカップ飴3種 ※完売御礼


スリップ角皿 小(17cm×13cm高2.5cm) ※上段左、ご売約御礼


スリップ楕円鉢 小(18.5cm×12.5cm高3.5)、スリップ楕円鉢 大(26cm×18cm高3.5cm)


蓋物(径10.5cm高13.5cm)


8寸皿(径25cm高4.8cm)

井上さんのうつわはもうみんな持ってるんじゃないかと思ってしまうほどです。
ガンガン作り続けていますし、ちゃんと支持され続けている。本当にすごいことだと思います。

たまに「井上さんのうつわの扱いはありますか?」と質問があります。
ただいま絶賛取り扱い中です。この機会にぜひご利用ください。

・河井一喜さん

マグカップ3種 ※中、完売御礼。


呉須鎬面鉢(径15.5cm高8.5cm)


呉須7寸鉢(径22.5cm高4.8cm)


ズーム

河井一喜さんの仕事は少量ですが並びました。
奥行きのある呉須と、ピンク色の面取マグ、色数の多いマグも多くのお客様の目を惹いています。

・中川紀夫さん

長方鉢 大(21.5cm×16.5cm高4cm)


楕円皿(27cm×18cm高3.8cm)


ボウル(径23cm高4cm)


ズーム

昨年うめだ阪急さんでの催事「民芸と暮らす」でお会いした中川さん、
スリップウェアのうつわを中心にご用意くださいました。

こっくりとした釉薬の調子と、お皿は平らな底面の面積が広く取ってあるのが特徴的です。
この形状がドンピシャな方がいそうな予感がします。
手に取ってお確かめください。

・山口和声さん

象嵌丸角皿(17.5cm×14.5cm高2.5cm) ※上、下左、完売御礼


飯碗 大(径13cm高7cm)


丸角皿 大(24.5cm×20.5cm高4cm) ※ご売約御礼


象嵌丸角皿(24.5cm×20.5cm高4cm)

当店が最初に山本教行さんの個展を開催させて頂いたのが2012年4月で、
山口さんはその時お弟子さんとして岩井窯にいらっしゃいました。
こういう形で作品をご紹介できることになり、とても嬉しく思います。

スリップウェアや象嵌の模様が目を惹きますが、形と手取りにもご注目ください。

「岡山県民芸振興社 松江支店」、早いもので会期はあと2日となりました。
しかし何度もお伝えしているとおり、店内まだまだばっちり並んでいます。
合計30箱届いているのだからまだまだたくさんあるに決まってます。
明日・明後日も期待してご来店ください。

通販は20日までの受付であれば確実に対応いたします。
どうぞご検討ください。

よろしくお願いいたします。


武内真木さんと太田哲三・圭窯からの入荷もありましたが、
品薄だったうえに在庫も少なくなったためブログでのご紹介は省略させて頂きました。
ご了承くださいませ。

「岡山県民芸振興社 松江支店」から、布

2017年2月16日 木曜日

・石北有美さん

バッグいろいろ。

石北さんの元気なファブリックが今回も店内を鮮やかに彩ってくれています。
2年前もご好評いただいたバッグを中心にいろいろ届けてくださいました。

石北さんは昨年の日本民藝館展で奨励賞を受賞されるなどご活躍ですし、
バッグのメーカーとのコラボレーションなど、活動の幅が広がっているようで目が離せません。


トートバッグ大 その1


トートバッグ大 その2


メッセンジャーバッグ その1


メッセンジャーバッグ その2


メッセンジャーバッグ その3


ポシェット


パッチワークミニバッグ


丸バッグ


iPhoneケースいろいろ

型染のデザインをそのまま落とし込んだiPhoneケースには意表を突かれました。
お好きなデザインがお持ちの機種に合いましたら是非に。

これ以外にもがま口ポシェットや手ぬぐい、タペストリーなどいろいろ並んでいます。
お見逃しのないようご覧ください。

・大橋秀雄さん

暖簾その1 ※ご売約御礼


暖簾その2 ※ご売約御礼

大橋さんの硬派な型染も魅力的です。
今回は暖簾をいくつか並べさせて頂いております。

両面染めてありますので、表裏どちらから見てもきれいです。

その1は谷屋さんがお求めくださいました。
軒先に掛かったところを早く見てみたいです。

・みちのくあかね会

マフラーいろいろ。


一番大きなサイズを試着。

ウールのマフラーもたくさん並んでいます。
畳んだ状態では模様がほぼ分かりません。
広げてご覧頂き、お好きな柄でしたら遠慮なくお試しください。

以上、ざっくりしてますが「布」ということでまとめてご紹介させて頂きました。
ご来店の際はぜひ手に取って感触もお確かめください。

今日は久しぶりに一日中お天気が良かったせいか、
平日にもかかわらずたくさんのお客様がご来店くださいました。
誠にありがとう御座いました。

今日も皆さまから「いっぱい並んでますね~。」のお声をたくさん頂きました。
数も種類もまだまだ豊富に並んでおります。

ご来店を心からお待ちしております。